マインドフルネス,内受容,及び身体:現代的な視点

Mindfulness, Interoception, and the Body: A Contemporary Perspective
Jonathan Gibson Frontiers in Psychology, vol.10, pp.1-18, 2019

“マインドフルネスは,多くの訓練,プロセス,及び特性を特徴付ける包括的な用語としてよく使用される.批評家は,この広範な定義が誤った情報,誤解,および方法論的に厳密な研究の一般的な欠如をもたらしたと主張する.マインドフルネスを取り巻く混乱の一部は,マインドフルネスと瞑想という用語の区別されない使用に起因すると考えられている.マインドフルネス,及び他のすべての瞑想は,内受容の主要なハブである島を調節することが示されている.内受容はマインドフルネスの基礎であり,実践から利益を得るための主要なメカニズムであると主張する人もいる.しかし,マインドフルネスの文献と同様に,内受容は精度がなく,領域が限定された意味と含意を伴って広く定義されることがよくある.研究は,島と周囲の神経回路が,注意,認識,及びすべての主観的経験を含む内受容以外の多くの機能に関与していると考えられていることを示している.マインドフルネスがこれらの神経可塑性と機能的効果を生み出すと考えられてきた.マインドフルネスとその利点のいくつかは,島の神経可塑性の変化の結果である内受容の増加としてよりよく説明でき,島と周囲の神経回路の発達がマインドフルネス傾向を育てる可能性があるという証拠がある.本稿の目的は,(1)マインドフルネスの文献で特定された利点の多くを内受容とその神経学的相関に関連付ける方がより正確であることを強調し,(2)マインドフルネス,内受容,及び瞑想を取り巻く混乱の一部を明らかにする手段として,注意状態を提案することである.異なる瞑想には異なる注意状態が必要である.注意は,各焦点が独自の視点を提供する焦点に類似している場合がある.すべての瞑想技術が島を調節することを考えると,各瞑想は他の瞑想の伝統では利用できない複雑な内受容信号を調査するために固有の視点を提供できる.抽象的で広く定義された瞑想手法のセットよりも,それらを調査する手段として身体に科学的発見を固定する方がより有用であるかもしれない.

瞑想の根底にある動的な複雑さを特徴付ける

Characterizing the Dynamical Complexity Underlying Meditation
Escrichs, Anira and Sanjuan, Ana and Atasoy, Selen and Lopez-Gonzalez, Ane and Garrido, Cesar and Camara, Estela and Deco, Gustavo
bioRxiv, vol. 1, pp. 521963, 2019

過去2500年にわたって,瞑想を用いて瞑想的な伝統が心の性質を探ってきた.最近では,瞑想に関するニューロイメージング研究により,瞑想者の脳の機能と構造の違いが明らかになった.それにもかかわらず,根底にある神経メカニズムはまだ不明である.瞑想がどのように脳を介してグローバルアクティビティを形成するかを理解するために,Intrinsic Ignition Frameworkを使用して,脳全体の機能ネットワーク全体の時空動態を調査した.最近のニューロイメージング研究では,意識のさまざまな状態が,その根底にある動的な複雑さ,つまりコミュニケーションの広さをどのように誘発し,時間と空間にわたって脳を介して分配するかが異なることが示されている.この作業では,安静時および瞑想中(呼吸に焦点を当てた)に機能的磁気共鳴画像(fMRI)を使用して,コントロールと瞑想実践者を測定した.私たちの結果は,瞑想の根底にある動的な複雑さは,瞑想者グループでは安静時よりも複雑さが少ないことを示しているが,対照グループではそうではない.さらに,安静状態中に,瞑想実践者の脳活動は,対照群で観察されたものよりも高い準安定性(すなわち,時間とともにより広い動的形態)を示したことを報告する.全体として,これらの結果は,瞑想状態が安静状態と比較して異なる動的形態で動作することを示している.

瞑想の根底にある動的な複雑さを特徴付ける

Characterizing the Dynamical Complexity Underlying Meditation
Escrichs, Anira and Sanjuan, Ana and Atasoy, Selen and Lopez-Gonzalez, Ane and Garrido, Cesar and Camara, Estela and Deco, Gustavo bioRxiv, vol. 1, pp. 521963, 2019

過去2500年にわたって,瞑想を用いて瞑想的な伝統が心の性質を探ってきた.最近では,瞑想に関するニューロイメージング研究により,瞑想者の脳の機能と構造の違いが明らかになった.それにもかかわらず,根底にある神経メカニズムはまだ不明である.瞑想がどのように脳を介してグローバルアクティビティを形成するかを理解するために,Intrinsic Ignition Frameworkを使用して,脳全体の機能ネットワーク全体の時空動態を調査した.最近のニューロイメージング研究では,意識のさまざまな状態が,その根底にある動的な複雑さ,つまりコミュニケーションの広さをどのように誘発し,時間と空間にわたって脳を介して分配するかが異なることが示されている.この作業では,安静時および瞑想中(呼吸に焦点を当てた)に機能的磁気共鳴画像(fMRI)を使用して,コントロールと瞑想実践者を測定した.私たちの結果は,瞑想の根底にある動的な複雑さは,瞑想者グループでは安静時よりも複雑さが少ないことを示しているが,対照グループではそうではない.さらに,安静状態中に,瞑想実践者の脳活動は,対照群で観察されたものよりも高い準安定性(すなわち,時間とともにより広い動的形態)を示したことを報告する.全体として,これらの結果は,瞑想状態が安静状態と比較して異なる動的形態で動作することを示している.

社会的認知領域における瞑想とマインドフルネス傾向の役割の調査:対照研究

Exploring the Role of Meditation and Dispositional Mindfulness on Social Cognition Domains: A Controlled Study
Campos, Daniel and Modrego-Alarcon, Marta and Lopez-del-Hoyo, Yolanda and Gonzalez Panzano, Manuel and Van Gordon, William and Shonin, Edo and Navarro-Gil, Mayte and Garcia-Campayo, Javier Frontiers in Psychology, vol.10, pp.1-13, 2019

マインドフルネスは,他者との感情的なつながり,社会的行動,共感など,社会的領域の変化を引き起こす可能性があることが研究によって示唆されている.しかし,社会心理学におけるマインドフルネスへの関心が高まっているにも関わらず,社会的認知に対するマインドフルネスの影響についてはほとんど知られていない.したがって本研究の目的は,瞑想者と非瞑想者をいくつかの社会的認知基準について比較することによって,マインドフルネスと社会的認知の関係を探究することである.合計60人の参加者(瞑想者,n = 30,非瞑想者,n = 30)は性別,年齢,および民族グループで照合され,以下の評価基準を完了するように依頼された:Mindful Awareness Attention Scale (MAAS), Five Facet Mindfulness Questionnaire Short Form (FFMQ-SF), Interpersonal Reactivity Index (IRI), Revised Eyes Test, Hinting Task, Ambiguous Intentions and Hostility Questionnaire (AIHQ), Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS),及び Screening for Cognitive Impairment in Psychiatry (SCIP).結果は,瞑想者がより高い共感(個人的苦痛を除く),感情的な認識,精神理論(ToM),及びより低い敵意帰属スタイル/バイアスを報告したことを示した.この発見はまた,マインドフルネス傾向 (MAASで評価された総合スコアとFFMQを使用したマインドフルネスの両方)が社会的認知と関連していることを示したが,それはすべての社会的認知結果と等しく相関しているわけではなく,瞑想者と非瞑想者に対して別々に分析が行われた場合には相関パターンは異なる.さらに結果は各社会的認知変数についての潜在的な予測因子を示し,社会的認知パフォーマンスを説明するためにマインドフルネスの重要な要素として内的経験に対する非反応性を強調した.要約すると調査結果は,非瞑想者と比較して瞑想者は特定の資質(すなわち,共感,感情的な認識,ToM,敵意帰属スタイル/バイアス)においてより優れており,さらにマインドフルネスは社会的認知に関連しているという概念を支持し,それは臨床的,及び非臨床的状況で使用するためのマインドフルネスに基づくアプローチの設計に影響を与える可能性がある.

シロシビン支援マインドフルネストレーニングは持続的な効果で自己意識と脳内デフォルトモードネットワーク結合性を調節する

Psilocybin-assisted mindfulness training modulates self-consciousness and brain default mode network connectivity with lasting effects
Smigielski, Lukasz and Scheidegger, Milan and Kometer, Michael and Vollenweider, Franz X NeuroImage, vol. 196, pp. 207-215, 2019

サイケデリックと瞑想はどちらも,意識,知覚,および認知に大きな変調効果を及ぼが,神経生物学への相乗効果は不明である.したがって,5日間のマインドフルネスリトリート中にサイケデリックシロシビン(315μg/ kg p.o.)を単回投与した後,38人の参加者を対象に無作為化二重盲検プラセボ対照試験を実施した.安静時と2つの瞑想形態中を機能的磁気共鳴画像法によって,介入前後の脳の動態を直接定量化した.機能的連結性の分析により,デフォルトモードネットワーク(DMN)の自己参照的処理領域における,シロシビン関連および精神状態依存性の変化が同定された.特に,内側前頭前野と後部帯状皮質の分離は自己感覚を媒介すると考えられており,これはシロシビン支援マインドフルネスセッション中の自覚的自我解消効果と関連していた.自我解消と脳の結合性の程度は,4ヵ月後の参加者の心理社会的機能における正の変化を予測した.瞑想と組み合わされたシロシビンは,前後のDMN接続に沿って作用することによって瞑想のプロセスを補助しながら,自己参照ネットワークにおける神経力学的調節を促進した.この研究は,変化した自己経験とそれに続く行動の変化との関連性を明らかにしている.介入がいかにして変革的経験を促進するかを理解することは,新しい治療的展望となる可能性がある.個別の精神状態の生物学への洞察は,人間の自己意識の非通常の形態とそれらの付随する脳基質の我々の理解を促進する.

安静時脳の変化が導く瞑想に基づいたレジリエンスの即時的,持続的な肯定的効果

The Immediate and Sustained Positive Effects of Meditation on Resilience Are Mediated by Changes in the Resting Brain
Kwak, Seoyeon and Lee, Tae Young and Jung, Wi Hoon and Hur, Ji-Won and Bae, Dahye and Hwang, Wu Jeong and Cho, Kang Ik K and Lim, Kyung-Ok and Kim, So-Yeon and Park, Hye Yoon and others
Frontiers in human neuroscience, vol.13, 2019

最近の研究はストレス耐性に対する瞑想効果の維持を調査しているが,根底にある神経機構はまだ調査されていない.本研究では,脳機能の変化と瞑想がマインドフルネスと回復力に及ぼす長期的な影響を調査するために4日間の瞑想介入について制御された実験を行った.瞑想実践の30 人の参加者と対照群の17 人の参加者は,ベースライン時と介入後にMRI スキャンを受け,ベースライン時に認知とマインドフルネススケール(CAMS)とレジリエンス検定(RQT)を計測した.介入および3ヶ月のフォローアップへのすべての参加者が介入後にCAMSおよびRQT スコアの増加を示したが,瞑想群のみが3ヶ月後に増強を持続した.左吻側前帯状回皮質(rACC)と背内側前頭前皮質(dmPFC),角膜前,および角回(rsFC)の安静時機能的連結性はコントロール群と比較して瞑想群で介入後に有意に増加した. rACC-dmPFC やrsFC の変化は,CAMS とRQT スコアの変化の間の関係を媒介し,介入直後と介入後3ヶ月の両方でRQT スコアの変化と相関していた.本研究者の知見は,瞑想によるrACC-dmPFC rs FC の増加が持続的なレジリエンスの即時の増強を引き起こすことを示唆する,レジリエンスは様々な精神障害の予防効果に関連していることが知られているので,ストレス関連の神経機構の改善は高い臨床的リスクのある個人にとって有益であるかもしれない.

安静時脳の変化が導く瞑想に基づいたレジリエンスの即時的,持続的な肯定的効果

The Immediate and Sustained Positive Effects of Meditation on Resilience Are Mediated by Changes in the Resting Brain
Kwak, Seoyeon and Lee, Tae Young and Jung, Wi Hoon and Hur, Ji-Won and Bae, Dahye and Hwang, Wu Jeong and Cho, Kang Ik K and Lim, Kyung-Ok and Kim, So-Yeon and Park, Hye Yoon and others
Frontiers in human neuroscience, vol.13, 2019

最近の研究はストレス耐性に対する瞑想効果の維持を調査しているが,根底にある神経機構はまだ調査されていない.本研究では,脳機能の変化と瞑想がマインドフルネスと回復力に及ぼす長期的な影響を調査するために4日間の瞑想介入について制御された実験を行った.瞑想実践の30 人の参加者と対照群の17 人の参加者は,ベースライン時と介入後にMRI スキャンを受け,ベースライン時に認知とマインドフルネススケール(CAMS)とレジリエンス検定(RQT)を計測した.介入および3ヶ月のフォローアップへのすべての参加者が介入後にCAMSおよびRQT スコアの増加を示したが,瞑想群のみが3ヶ月後に増強を持続した.左吻側前帯状回皮質(rACC)と背内側前頭前皮質(dmPFC),角膜前,および角回(rsFC)の安静時機能的連結性はコントロール群と比較して瞑想群で介入後に有意に増加した. rACC-dmPFC やrsFC の変化は,CAMS とRQT スコアの変化の間の関係を媒介し,介入直後と介入後3ヶ月の両方でRQT スコアの変化と相関していた.本研究者の知見は,瞑想によるrACC-dmPFC rs FC の増加が持続的なレジリエンスの即時の増強を引き起こすことを示唆する,レジリエンスは様々な精神障害の予防効果に関連していることが知られているので,ストレス関連の神経機構の改善は高い臨床的リスクのある個人にとって有益であるかもしれない.

マインドフルネス瞑想中の生理学的信号の変化

Change in physiological signals during mindfulness meditation
Ahani, Asieh and Wahbeh, Helane and Miller, Meghan and Nezamfar, Hooman and Erdogmus, Deniz and Oken, Barry
Neural Engineering (NER), pp.1378-1381, 2013

マインドフルネス瞑想(MM)は内的な精神的習慣であり,瞑想の効果により安静状態でも注意状態が維持される.MM 介入は,ストレスレベルが高い高齢者の集団に対して行われた.本研究では,瞑想中の脳波(EEG)と呼吸信号を信号処理し,瞑想状態の定量化を行った. 6 週間の瞑想介入の後,34 人の初心者の瞑想者についてEEG と呼吸のデータを収集し分析した.収集したデータを瞑想状態を判断する客観的マーカーとして評価するためにスペクトル分析およびサポートベクターマシン(SVM)分類で分析した.アルファ,ベータ,シータ周波数帯で瞑想とコントロール条件の違いを考察した.さらに,EEG 信号のみを使用した場合よりも,瞑想条件と制御条件を区別する際の精度が高いEEG および呼吸信号を使用した分類器を確立した. EEG と呼吸に基づく分類器は瞑想実践のための客観的なマーカーである.将来の研究では,この分類器を使用してさまざまなレベルの瞑想の深さと瞑想の経験を定量化する必要がある.客観的な生理学的瞑想マーカーの開発は方法の厳しさを強化することによって心身医学分野が進歩することを可能にする.

反応性と機能的結合性に関連するSant Mat瞑想の異常な不安

Atypical Anxiety-Related Amygdala Reactivity and Functional Connectivity in Sant Mat Meditation 扁桃体の
C. Chen, Y.-C. Chen, K.-L. Chen and Y. Cheng
Frontiers in behavioral neuroscience, vol. 12, p. 298, 2018.

瞑想は認知神経科学で多くの注目を集めているが,その感情的な処理の根底にある神経メカニズムは解明されていない.菜食主義の食事とアルコール制限された生活を送るSant Mat瞑想者と瞑想初心者が募集され,慈悲の瞑想を行った.我々は,恐ろしい顔と幸せそうな顔の明示的および暗示的な認識に応答するState-Trait Anxiety Inventory (STAI)の評価と,扁桃体反応性の計測を行った.初心者とは対照的に,瞑想者は低いSTAIスコアを報告した.瞑想者は恐怖よりも明示的な幸福に対して強い扁桃体反応性を示したのに対し,初心者は反対のパターンを示した.暗黙の恐れや幸福に関わらず,瞑想者の扁桃体反応性は低下した.生涯にわたって瞑想訓練をした人は,STAIが低いと報告し,恐怖に対する扁桃体の反応が弱いことを示した.さらに,初心者と比較して,瞑想者の扁桃体は明示的な幸福に対して腹側外側前頭前野との強い正の機能的結合性を示し,明示的な恐怖に対しては島および内側眼窩前頭皮質との強い負の結合性を示した.媒介分析では,瞑想経験と不安特性との間の媒介として扁桃体反応性を示した.結果は,Sant Mat瞑想の有益な効果を支える神経相関を示す.長期的な瞑想は,明示的および暗示的な感情処理に対する扁桃体の反応性と機能的に関連している可能性がある.

高解像度パターン認識を用いた脳年齢の推定:長期瞑想実践者の若い脳

Estimating brain age using high-resolution pattern recognition: Younger brains in long-term meditation practitioners
Luders, Eileen and Cherbuin, Nicolas and Gaser, Christian
Neuroimage, vol.134, pp. 508–513, 2016

正常な老化は,脳の物質の喪失を伴うことが知られている.本研究は,瞑想の実践が脳の年齢の低下に関連しているかどうかを調べることを目的としている.中年期は老化プロセスがより顕著になることが知られている時代であるため,特定の焦点は50歳以上を対象としていた.我々は,脳の年齢の解剖学的相関を同定するために訓練された最近開発された機械学習アルゴリズムを適用して,それらを1つの単一スコア:BrainAGE指数(年)に変換した.高次元のパターン認識に基づいたこの検証されたアプローチを使用して,我々は,50人の長期瞑想者と50人の対照被験者の大規模なサンプルを再解析し,脳の年齢を推定し比較した.我々は,50歳瞑想者の脳は対照の脳よりも7.5歳若いと推定された.さらに,年齢の増加に伴い脳年齢の推定値が変化するかどうかを調べた.脳の年齢の推定値は対照群ではほんのわずかしか変化しなかったが,瞑想者には重大な変化が検出された.50歳を超える人の脳は,同年代よりもさらに1か月と22日若いと推定された.全体的に,これらの知見は瞑想が脳保存に有益であり一生を通して脳老化の一貫して遅い速度で年齢関連萎縮症を効果的に防御することを示唆しているようである.