脳表面における脳血流量変化からの人間の感情の認識: 事象関連近赤外分光法に関する研究

Recognition of Human Emotions from Cerebral Blood Flow Changes in the Frontal Region
-A Study with Event-Related Near-Infrared Spectroscopy-
Neuroimaging, Vol.21, pp.e94-e101, 2011
20170523 sikeda

本研究の目的は,脳機能が著しく損なわれている患者の心を理解するために,脳血流(CBF)に基づく人間の快・不快感情を認識する近赤外分光法(NIRS)に基づいたシステムを開発することである.前頭領域は容易にNIRS測定が可能であるが,感情の処理における前頭前野皮質(PFC)の役割はまだ解明されていない.まず,イベント関連のNIRSを用いて,感情に直接関連する脳活動を反映するが,前頭前野質における認知動作には影響しない,局所的CBF変化の指標として酸素化ヘモグロビン(oxy-Hb)の変化を調べた.また,事象関連電位(ERP),全身血圧,および脈拍数も同時に測定した.6秒間の画像提示期間におけるoxy-Hbの変化に関する事象関連分析は,非常に不快な感情が両側腹側PFCにおけるoxy-Hbを増加し,非常に快な感情は左背側PFCにおけるoxy-Hbの減少を示した.2つの感情状態の間にERPまたは自律神経系活動のいずれにおいても有意差はなかった.これらの結果から,CBFの変化から患者の感情を認識する可能性を示唆している.