社会的認知領域における瞑想とマインドフルネス傾向の役割の調査:対照研究

Exploring the Role of Meditation and Dispositional Mindfulness on Social Cognition Domains: A Controlled Study
Campos, Daniel and Modrego-Alarcon, Marta and Lopez-del-Hoyo, Yolanda and Gonzalez Panzano, Manuel and Van Gordon, William and Shonin, Edo and Navarro-Gil, Mayte and Garcia-Campayo, Javier Frontiers in Psychology, vol.10, pp.1-13, 2019

マインドフルネスは,他者との感情的なつながり,社会的行動,共感など,社会的領域の変化を引き起こす可能性があることが研究によって示唆されている.しかし,社会心理学におけるマインドフルネスへの関心が高まっているにも関わらず,社会的認知に対するマインドフルネスの影響についてはほとんど知られていない.したがって本研究の目的は,瞑想者と非瞑想者をいくつかの社会的認知基準について比較することによって,マインドフルネスと社会的認知の関係を探究することである.合計60人の参加者(瞑想者,n = 30,非瞑想者,n = 30)は性別,年齢,および民族グループで照合され,以下の評価基準を完了するように依頼された:Mindful Awareness Attention Scale (MAAS), Five Facet Mindfulness Questionnaire Short Form (FFMQ-SF), Interpersonal Reactivity Index (IRI), Revised Eyes Test, Hinting Task, Ambiguous Intentions and Hostility Questionnaire (AIHQ), Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS),及び Screening for Cognitive Impairment in Psychiatry (SCIP).結果は,瞑想者がより高い共感(個人的苦痛を除く),感情的な認識,精神理論(ToM),及びより低い敵意帰属スタイル/バイアスを報告したことを示した.この発見はまた,マインドフルネス傾向 (MAASで評価された総合スコアとFFMQを使用したマインドフルネスの両方)が社会的認知と関連していることを示したが,それはすべての社会的認知結果と等しく相関しているわけではなく,瞑想者と非瞑想者に対して別々に分析が行われた場合には相関パターンは異なる.さらに結果は各社会的認知変数についての潜在的な予測因子を示し,社会的認知パフォーマンスを説明するためにマインドフルネスの重要な要素として内的経験に対する非反応性を強調した.要約すると調査結果は,非瞑想者と比較して瞑想者は特定の資質(すなわち,共感,感情的な認識,ToM,敵意帰属スタイル/バイアス)においてより優れており,さらにマインドフルネスは社会的認知に関連しているという概念を支持し,それは臨床的,及び非臨床的状況で使用するためのマインドフルネスに基づくアプローチの設計に影響を与える可能性がある.

シロシビン支援マインドフルネストレーニングは持続的な効果で自己意識と脳内デフォルトモードネットワーク結合性を調節する

Psilocybin-assisted mindfulness training modulates self-consciousness and brain default mode network connectivity with lasting effects
Smigielski, Lukasz and Scheidegger, Milan and Kometer, Michael and Vollenweider, Franz X NeuroImage, vol. 196, pp. 207-215, 2019

サイケデリックと瞑想はどちらも,意識,知覚,および認知に大きな変調効果を及ぼが,神経生物学への相乗効果は不明である.したがって,5日間のマインドフルネスリトリート中にサイケデリックシロシビン(315μg/ kg p.o.)を単回投与した後,38人の参加者を対象に無作為化二重盲検プラセボ対照試験を実施した.安静時と2つの瞑想形態中を機能的磁気共鳴画像法によって,介入前後の脳の動態を直接定量化した.機能的連結性の分析により,デフォルトモードネットワーク(DMN)の自己参照的処理領域における,シロシビン関連および精神状態依存性の変化が同定された.特に,内側前頭前野と後部帯状皮質の分離は自己感覚を媒介すると考えられており,これはシロシビン支援マインドフルネスセッション中の自覚的自我解消効果と関連していた.自我解消と脳の結合性の程度は,4ヵ月後の参加者の心理社会的機能における正の変化を予測した.瞑想と組み合わされたシロシビンは,前後のDMN接続に沿って作用することによって瞑想のプロセスを補助しながら,自己参照ネットワークにおける神経力学的調節を促進した.この研究は,変化した自己経験とそれに続く行動の変化との関連性を明らかにしている.介入がいかにして変革的経験を促進するかを理解することは,新しい治療的展望となる可能性がある.個別の精神状態の生物学への洞察は,人間の自己意識の非通常の形態とそれらの付随する脳基質の我々の理解を促進する.

三重ネットワーク媒介分析はリアルタイムfMRIニューロフィードバックからマインドフルネスの機能的特徴を明らかにした

Mediation analysis of triple networks revealed functional feature of mindfulness from real-time fMRI neurofeedback
Kim, Hyun-Chul and Tegethoff, Marion and Meinlschmidt, Gunther and Stalujanis, Esther and Belardi, Angelo and Jo, Sungman and Lee, Juhyeon and Kim, Dong-Youl and Yoo, Seung-Schik and Lee, Jong-Hwan
NeuroImage, vol. 195, pp. 409-432, 2019

3つのネットワーク,すなわちデフォルトモードネットワーク(DMN),セントラルエグゼクティブネットワーク(CEN),およびセイリエンスネットワーク(SN)は,脳の障害,ならびにマインドフルネスなどの基本的な神経科学的プロセスにおいて重要な役割を果たす.しかし,現在,マインドフルネスに関連した3つのネットワークの根本的な機能的特徴についてのコンセンサスは存在しない.本研究では,CENによって媒介されるSNからDMNまでの偏回帰係数(すなわち勾配)は,リアルタイム機能的磁気共鳴イメージング(rtfMRI)ニューロフィードバック(NF)設定における潜在的なマインドフルネスの特徴の1つになるという仮説とこの勾配レベルはrtfMRI-NFトレーニングによって強化されるという仮説を検証した.60人の健康なマインドフルネス瞑想の未経験な男性が,2回の非rtfMRI実行,その後の2回のrtfMRI-NF実行および1回のトランスファー実行からなるMRIセッションに参加した.3つのネットワークのそれぞれの関心領域が非rtfMR実行を用いて定義されたら,rtfMRI-NFの実行中に参加者のマインドフルネスを補助するために,勾配レベルを媒介分析によって計算し,サーモメータバーの形態でニューロフィードバック情報として使用した.参加者は,呼吸の身体的感覚に注意を集中させることからなるマインドフルネス戦略を展開しながら,サーモメータバーのレベルを上げるように指示された.rtfMRI-NFトレーニングは,参加者を実験群または対照群のいずれかに無作為に割り当てた,ランダム化比較試験デザインの一部として実施した.実験群の参加者は彼ら自身の脳信号から得られた偶発的神経フィードバック情報を受けた一方で,対照群の参加者は実験群の一致した参加者から生じた非偶発的神経フィードバック情報を受けた.我々の結果は,CENによって媒介されるSNからDMNまでの勾配レベルは,マインドフルネススコア(rtfMRI-NF実行:r = 0.53,p = 0.007; p値は10,000のランダム置換から補正された)と実験群のみのタスクパフォーマンスフィードバックスコア(rtfMRI-NF実行:r = 0.61、p = 0.001)と関連することを示した.さらに,rtfMRI-NF実行中,部分回帰係数の特徴のレベルは,対照群と比較して実験群において実質的に増加した(対応のあるt検定からp $<$0.05; p値は10,000のランダム置換から補正された).我々の知る限りでは,これは三重ネットワーク媒介分析により得られたrtfMRI-NF設定におけるマインドフルネスの偏回帰係数特徴,およびrtfMRI-NF訓練による偏回帰係数特徴の強化の可能性を実証する最初の研究である.

マインドフルネスの行動評価:特徴の定義,フレームワークの編成,及び新しい方法のレビュー

Behavioral assessment of mindfulness: defining features, organizing framework, and review of emerging methods
Hadash, Yuval and Bernstein, Amit
Current opinion in psychology, vol.28, pp.229-237, 2019

精神的に健全なマインドフルネスの行動的尺度の開発と実施は,マインドフルネスの科学を進歩させるために重要である.マインドフルネスの行動測定の体系化,概念化,及び開発の手助けをするために,マインドフルネスの行動評価の機能を定義し,4つのドメインからなるフレームワークを提案する.フレームワークのドメインには,(1)マインドフルアウェアネスの対象,(2)マインドフルアウェアネスの時間経過,(3)マインドフルアウェアネスの感度,及び(4)現在の経験に対する態度の測定が含まれる.各ドメインのマインドフルネスプロセスを説明し,ドメインごとのマインドフルネスプロセスの現存の行動方法と特定の行動尺度を確認する.レビューされた12の測定値のうち4つは,マインドフルネスプロセスの測定値として許容可能な信頼性と構成概念妥当性の予備的証拠を示していた.

内的および外的注意とデフォルトモードネットワーク

Internal and external attention and the default mode network
Scheibner, Hannah J and Bogler, Carsten and Gleich, Tobias and Haynes, John-Dylan and Bermpohl, Felix Neuroimage, vol.148, pp.381-389, 2017

最近では多くの精神療法に不可欠となっている精神的健康やwell-beingは集中瞑想により改善することが明らかにされている.集中瞑想の神経相関における研究は増えてきているが,瞑想がデフォルトモードネットワーク(DMN)において高い活動か,低い活動のどちらに関連するのかによって結果が変わる.集中瞑想とDMN領域における活動の関係を調べるために,1つの瞑想内で内的注意と外的注意,及び様々な段階を区別することが役立つかもしれない.例えば集中瞑想の間,実践者はmindful attention, mind-wandering,及びrefocusingを切り替える.ここでは,これらの段階の異なる神経相関を研究するために思考プローブ法を用いた.瞑想経験のない健常成人20人の被験者が,外部(音のマインドフルネス)及び内部(呼吸のマインドフルネス)の注意瞑想を紹介され,その後4日間連続で自宅にて瞑想を実践した.その後,fMRIスキャンの間,内部と外部の注意を交互に4回繰り返し,同じ集中瞑想を行った.疑似ランダムな間隔で被験者はタスクに集中していたか(mindful attention),気がそれていたのか(mind-wandering)を尋ねられた.mindful attentionの間,内側前頭前皮質,後部帯状皮質,及び左側頭頂接合部などの通常DMNに関連する脳領域は,mind-wanderingの間と比較して活性化は有意に少なかった.また,外部注意と比較して内部注意中の後部帯状皮質におけるより強い不活性化と共に,外部及び内部注意の両方の間にDMNの活性の低下が見られた.さらに,mind-wandering後のrefocusingは左下前頭回の活動と関連していた.本研究者らの結果は,実践者の注意焦点(すなわち,内的対外的)とは無関係に,mindful attentionはmind-wanderingと比較してDMN活性の低下に関連するという理論を支持する.

マインドフルネス瞑想中の生理学的信号の変化

Change in physiological signals during mindfulness meditation
Ahani, Asieh and Wahbeh, Helane and Miller, Meghan and Nezamfar, Hooman and Erdogmus, Deniz and Oken, Barry
Neural Engineering (NER), pp.1378-1381, 2013

マインドフルネス瞑想(MM)は内的な精神的習慣であり,瞑想の効果により安静状態でも注意状態が維持される.MM 介入は,ストレスレベルが高い高齢者の集団に対して行われた.本研究では,瞑想中の脳波(EEG)と呼吸信号を信号処理し,瞑想状態の定量化を行った. 6 週間の瞑想介入の後,34 人の初心者の瞑想者についてEEG と呼吸のデータを収集し分析した.収集したデータを瞑想状態を判断する客観的マーカーとして評価するためにスペクトル分析およびサポートベクターマシン(SVM)分類で分析した.アルファ,ベータ,シータ周波数帯で瞑想とコントロール条件の違いを考察した.さらに,EEG 信号のみを使用した場合よりも,瞑想条件と制御条件を区別する際の精度が高いEEG および呼吸信号を使用した分類器を確立した. EEG と呼吸に基づく分類器は瞑想実践のための客観的なマーカーである.将来の研究では,この分類器を使用してさまざまなレベルの瞑想の深さと瞑想の経験を定量化する必要がある.客観的な生理学的瞑想マーカーの開発は方法の厳しさを強化することによって心身医学分野が進歩することを可能にする.

フルネス瞑想は受動的条件付けタスクにおける報酬予測誤差を調整する

Mindfulness meditation modulates reward prediction errors in a passive conditioning task マインド
Kirk, Ulrich, and P. Read Montague
Frontiers in psychology, vol.6, pp.1-8, 2015

強化学習モデルは,報酬予測中のドーパミンニューロンの位相活動が,報酬の予測可能性および報酬を予測する手がかりについての情報を暗号化することを実証した.マインドフルネスに基づくアプローチで実践されているような自己制御戦略は,刺激に対する否定的および肯定的な反応を減らすと言われており,そのような訓練は基本的な報酬処理に影響を与えるという仮説を示唆する.マインドフルネス瞑想の実践者,及び年齢を一致させた対照群において,受動的条件付けタスク及びfMRIを使用し,マインドフルネス瞑想が報酬および報酬予測誤差(PE)信号に影響を及ぼすという仮説を検証した.対照群と比較して瞑想実践者の被殻において,正および負のPE関連のBOLD反応における減少が見られた.瞑想実践者では,線条体における報酬PEに対するBOLD反応の減少は,主要内受容領域である後部島内での活動増加と平行していた.批判的に言えば,条件付け手順の初期試験中(実験1)の被殻における反応は,瞑想実践者と対照群の両方で上昇した.全体として,これらの結果はマインドフルネス瞑想実践者が,後部島で暗号化された内受容処理に関連している可能性のある刺激に対する報酬予測信号を減衰させることができるという証拠を提供する.

高解像度パターン認識を用いた脳年齢の推定:長期瞑想実践者の若い脳

Estimating brain age using high-resolution pattern recognition: Younger brains in long-term meditation practitioners
Luders, Eileen and Cherbuin, Nicolas and Gaser, Christian
Neuroimage, vol.134, pp. 508–513, 2016

正常な老化は,脳の物質の喪失を伴うことが知られている.本研究は,瞑想の実践が脳の年齢の低下に関連しているかどうかを調べることを目的としている.中年期は老化プロセスがより顕著になることが知られている時代であるため,特定の焦点は50歳以上を対象としていた.我々は,脳の年齢の解剖学的相関を同定するために訓練された最近開発された機械学習アルゴリズムを適用して,それらを1つの単一スコア:BrainAGE指数(年)に変換した.高次元のパターン認識に基づいたこの検証されたアプローチを使用して,我々は,50人の長期瞑想者と50人の対照被験者の大規模なサンプルを再解析し,脳の年齢を推定し比較した.我々は,50歳瞑想者の脳は対照の脳よりも7.5歳若いと推定された.さらに,年齢の増加に伴い脳年齢の推定値が変化するかどうかを調べた.脳の年齢の推定値は対照群ではほんのわずかしか変化しなかったが,瞑想者には重大な変化が検出された.50歳を超える人の脳は,同年代よりもさらに1か月と22日若いと推定された.全体的に,これらの知見は瞑想が脳保存に有益であり一生を通して脳老化の一貫して遅い速度で年齢関連萎縮症を効果的に防御することを示唆しているようである.

客観的特性マインドフルネスの動的機能的接続マーカー

Dynamic functional connectivity markers of objective trait mindfulness
Lim, Julian and Teng, James and Patanaik, Amiya and Tandi, Jesisca and Massar, Stijn AA
NeuroImage, vol. 176, pp.193–202, 2018

マインドフルネスは,練習を通して洗練されるスキルとして一般的に見られるが,訓練されていない個人も,性質上のマインドフルネスにおいて幅広く変化する可能性がある.以前の研究では,この特性の静的な神経接続相関が確認されている.ここでは,自然状態変化と客観的に測定された特性マインドフルネスに関連する時間変化する接続パターンを研究するために,安静状態fMRIの動的機能接続性(DFC)分析を使用する.参加者は,高い特性マインドフルネス(HTM; N = 21)および低い特性マインドフルネス(LTM; N = 18)グループを形成するために,数息観タスクの実行者の上および下三分位から選択された.安静状態のfMRIデータのDFC分析は,HTMグループがネットワーク内の接続性が高く,タスクポジティブネットワークとデフォルトモードとの間のより大きな反相関することを特徴付けられたタスク準備に関連した脳状態となるには十分な時間を有することを明らかにした. HTMグループは脳の状態間の遷移頻度が高いが,タスクレディ状態の各エピソードにおける滞留時間は群間で同等であった.これらの結果は,警戒のために管理した後も維持された.個人間では,特定の接続性指標は,FFMQアンケートで測定された自己報告のマインドフルネスと弱く相関してたが,複数の比較の訂正に耐えられなかった.静的な接続性マップでは,HTMの個人はDMNとセイリエンスネットワークでより大きなネットワーク内の接続性を持ち,DMNとタスクポジティブなネットワークとの間には大きな反相関があった.要するに,DFCはHTMおよびLTM個体を強く区別し,性質的なマインドフルネスの測定に有用な生物学的マーカーとなり得る.

客観的な特性マインドフルネスの動的機能接続性マーカー

Dynamic functional connectivity markers of objective trait mindfulness
J. Lim, J. Teng, A. Patanaik, J. Tandi and S.A. Massar
NeuroImage, vol. 176, pp. 193-202, 2018.

マインドフルネスは,実践を通して培われるスキルであると一般的に考えられるが,訓練されていない個人も性質的なマインドフルネスにおいて大幅に変化する可能性がある.先行研究では,この特性の神経接続相関が確認された.本稿では,自然な状態変化と客観的に測定された特性マインドフルネスに関する時間変化する接続パターンを研究するために,Resting state fMRIの動的機能接続性(DFC)解析を使用する.被験者は高性能マインドフルネス群(21名)と低性能マインドフルネス群(18名)のグループを形成するために,Breath countingタスクの上位と下位の三分位置から選択された.Resting state fMRIのDFC解析は,高性能マインドフルネス群がタスク準備状態に関連する脳状態で有意に多くの時間を費やしたことを明らかにした.タスク準備状態とは,ネットワーク内の接続性が高く,タスクポジティブネットワークとデフォルトモードネットワークとの間により大きな反相関を特徴とする状態である.高性能マインドフルネス群は脳状態の遷移頻度が高いが,タスク準備状態の各サイクルにおける滞留時間は群間で同等であった.これらの結果は,PVTの後も維持された.個人間では,特定の接続性指標はFFMQによるマインドフルネスと弱い相関であったが,多重比較補正に耐えられなかった.静的な接続性マップでは,高性能マインドフルネス群の個人は,デフォルトモードネットワークとセイリエンスネットワークでより大きなネットワーク内の接続性を持ち,デフォルトモードネットワークとタスクポジティブネットワークとの間に大きな相関性があった.つまり,DFCは高性能マインドフルネス群および低性能マインドフルネス群を強く区別し,特性マインドフルネスのすく測定に有用な生物学的マーカーとなり得る.