事故防止のためのドライバ嗜眠状態のリアルタイム緊急自動車駐車システム

Real time emergency auto parking system in driver lethargic state for accident preventing
Mohammed Hayyan Alsibai, Syafiq Fauzi Kamarulzaman, Hossam Adden Alfarra and Yasir Hashim Naif MATEC
Web Conf. Volume 90, 01034, 2017
171220_snakamura

本稿では,運転者の眠気や嗜眠状態を検知する視覚センサを用いた安全運転・事故防止システムについて述べる.危険な状況に陥った場合,システムはドライバに通知する.また、ドライバが安全運転を行うことができない場合には,緊急駐車システムを作動させる.このシステムは2つの段階からなる.まず,スマートフォンやタブレットコンピュータを処理装置として使用する眠気検出段階がある.第2段階は,マイクロコントローラユニット(MCU)を使用する車両緊急駐車制御システムである.MCUは,アラームシステム,ハザードランプ,および車両制御インタフェースに接続されている.実験結果では現実的なリアルタイム応答を示した.眠気検出平均処理時間は約480ms /フレームであった.警報システムは500ミリ秒以内に完全に応答していた.シミュレーション結果は,自動駐車システムの開発された計画の実効性をリアルタイムで示していた.眠気検出から完全駐車までの平均時間は,車両が100km/h の速度で動いている場合、約15秒であった.

自動運転における制御移行のための注意散漫、眠気および認知負荷の目に基づいた運転者状態モニタ

Eye-based driver state monitor of distraction, drowsiness, and cognitive load for transitions of control in automated driving
Christopher Cabrall, Nico Janssen, Joel Goncalves, Alberto Morando, Matthew Sassman, Joost de Winter Systems, Man, and Cybernetics (SMC), 2016 IEEE International Conference on, pp.1981-1982, 2016
171021_snakamura

将来の自動運転車両には,複数のモードと操作レベルが含まれている可能性が高いため,ドライバと機械の間 のさまざまな制御の移行(ToC)が必要とされる.従来の起動デバイス(例:ノブ,スイッチ,ボタンおよびタッ チスクリーン)は,他のシステム設定操作によって混乱させられ、システム稼働時に不適切な影響を受けやすい。 非侵襲的な視線追跡方法は、ドライバの状態(例:気晴らし,眠気および認知過負荷)から手動から自動運転に 切り替え、自動運転から手動運転移行時のドライバの準備状態の確認として役立てることができる。このシンプ ルなシステムをデモンストレーション・ペーパーの範囲内で、統合されたドライバ・ステート・モニターを概説す る.視線位置,視線の変動性,眼瞼の開口部および運転環境からの外部環境の複雑さを組み合わせて,自動運転 への移行を容易にする.ドライバフェーシングカメラと前方カメラの両方がますます普及し,さまざまな自動運 転車両において法的に義務付けられるため,我々の統合システムは,人間とコンピューターの相互作用と運転の 安全性を改善するための関連する将来の研究開発に役立つ.

部分自律走行車における機能的近赤外分光法を用いた運転者の認知負荷の監視

Monitoring driver cognitive load using functional near infrared spectroscopy in partially autonomous cars Intelligent Vehicles Symposium(IV),pp.419{425,2016
170419_snakamura

部分的に自動化された自動車では,運転者の状態,特に運転者の認知負荷を理解することが重要である.これは,運転手が警報を発しているのか,気を散らしているのか,車が安全に運転の制御を移すことができるかどうかを示しています.部分自律型車両における認知負荷と運転者のパフォーマンスとの関係をよりよく理解するために,シミュレートされた環境における運転者の前頭前野の活動化を調べるために機能的近赤外分光法(fNIRS)測定を用いた.私たちは部分的に自律的な車を運転し,共通の二次的な仕事を行っている間に合計14 人の参加者を調査した.参加者が自律車の運転を監視するように頼まれたとき,同じ参加者が持ち込まれた装置で二次的な読書またはビデオ・ウォーク・タスクを実行するよう求められたときと比較して,認知負荷が低いことが観察された.この観察は,以前の研究での自律システムモニタリングの期間中に観察された眠気行動の増加と一致していた.結果は,前頭前野からのfNIRS シグナルが,自律的に比較して,手動駆動の間の付加的な認知負荷を示すことを実証する.そのような脳機能メトリックは,制御の移転の安全性および有効性を改善するために,将来の自律車両における運転者状態のリアルタイム評価を可能にするために,最小限の侵入型および低コストのセンサとともに使用され得る.