運転者の行動特性に基づく疲労検出システムの改良

An improved fatigue detection system based on behavioral characteristics of driver
Rajat gupta, Kanishk Amen, Nalin Shiva, Yadvendra Singh
Intelligent Transportation Engineering (ICITE), 2017 2nd IEEE International Conference on, pp.227–230, 2017
180201_snakamura

近年,交通事故が大幅に増加している.これらの事故の主な理由の1つは,ドライバーの疲労である.継続的かつ長時間の運転により,ドライバーは疲れて眠気に瀕し,事故につながる可能性がある.したがって,運転者の疲労度を測定し,居眠りを感じたときには事故を回避するためのシステムが必要である.そこで,車のダッシュボードにカメラを搭載したシステムを提案する.カメラは運転手の顔を検出し,その活動を追跡する.運転者の顔面から,システムはその顔の特徴の変化を観察し,これらの特徴を用いて疲労レベルを観察する.顔の特徴には,目(速い瞬きまたは重い目)および口(あくび検出)が含まれる.このように,PCA(Principle Component Analysis)を実装することにより,情報を失うことなく情報量の削減が可能である.このようにして得られたパラメータは,SVC(Support Vector Classifier)を介して処理され,疲労レベルを分類する.その後,分類器出力はアラートユニットに送られる.