Measuring different oxygenation levels in a blood perfusion model simulating the human head using NIRS NIRSを用いたヒト頭部をシミュレートする血液灌流モデルにおける異なる酸素化レベルの測定
K. Rackebrandt,H. Gehring
Current Directions in Biomedical Engineering,vol. 1,no. 1,pp.371-375,2015
2017115 rhagiwara

両半球で分断された脳の酸素化,灌流および代謝は,大脳遠心性血管の静脈血の酸素化およびヘモグロビンレベルから推定することができる.再現性のあるシミュレートされた標的の血管(測定セル)の内部で異なる酸素供給速度を提供するために,血流力学的灌流回路に接続された解剖学的標的領域をシミュレートするためのファントムベースのモデルを提示する.これらの異なる飽和レベルを検出するために,三波長(770,808および850 [nm])の多距離NIRSセンサ(6つのフォトダイオードが線状に配置され,それぞれ6 [mm]離された)が使用された.これらの最初の結果に基づいて,反射された光の量を血液の実際の酸素飽和度と相関させる一連の測定が導入された.