思春期および若年成人における扁桃体応答に対する感情調節の同時および持続的効果

Concurrent and lasting effects of emotion regulation on amygdala response in adolescence and young adulthood
Jennifer A. Silvers Jocelyn Shu Alexa D. Hubbard Jochen Weber Kevin N. Ochsner
Developmental science, Vol. 18, No.5, pp.771-784, 2015

この研究では,機能的MRI(fMRI)を使用して思春期発達における感情調節の新規な側面を検討した。年齢が扁桃体反応に対する感情調節の同時効果と持続効果の両方の差を予測するかどうかである。最初にアクティブ調節,テストセッションの位相はfMRIのデータは56人の健常者で収集した(年齢範囲:10.50から22.92歳)が,それらに否定応答を減少するように嫌悪刺激を再評価しました。短い遅延の後,第2の再提示再評価タスクからの嫌悪的な画像を受動的に見る段階が含まれていた。積極的な規制の間,高齢者は,負の影響においてより大きな低下を示し,前庭側 – 扁桃連結性を示さなかった。再提示中,高齢者は,以前に再評価した嫌悪感刺激に対する扁桃体応答の持続的な減少を示し続けた。これは,肢位のPFCによって媒介される効果である。これらのデータは,青年期における感情の高まりの1つの原因が,嫌悪反応を認知的に下方制御する能力の低下であることを示唆している。