不安陽性の被験者は,陰性刺激を予期している間,前孤立部における処理の変化を示す

Anxiety positive subjects show altered processing in the anterior insula during anticipation of negative stimuli
Alan N. Simmons Murray B. Stein Irina A. Strigo Estibaliz Arce Carla Hitchcock Martin P. Paulus
Human brain mapping, vol32, pp. 1836-1846 ,2011

神経イメージング研究は,前帯状皮質を含む内膜および前頭前野皮質内の活性化によって媒介されるいう仮説がある.しかし,感情的な脳の座位とネットワークにおけるグループ間で,感情的予期がどのように異なるかについての理解が不十分である.我々は,機能的磁気共鳴画像法(fMRI)中に情動的な画像予想タスクを完了した14の不安陽性(AP)および14の不安性規範(AN)個体を調べた.脳の活性化は,合図された予期についてグループ間で検査された.両方の群は,差異予測の間に両側前方孤立部においてより大きな活性化を示した.右の活性化は,AN被験者と比較してAPにおいて有意に高かった.機能的な接続性は,両前庭の孤立が,両方のグループで心地よい予期の間に同様のネットワークに関与していることを示した.予期条件では,嫌悪者の間の左前胸部および右前部孤立部は,APグループの前頭頭頂葉および頭頂葉からなる皮質網状組織とより大きく活性化した.これらの結果は,不安が脳におけるより大きな予想反応性に関連し,精神医学的特性と相互作用する脳における機能的非対称性が存在するという仮説と一致する. 機能的な接続性は,両前庭の孤立が,両方のグループで心地よい予期の間に同様のネットワークに関与していることを示した.すべての予期条件では,嫌悪者の間の左前胸部および右前部孤立部は,APグループの前頭頭頂葉および頭頂葉からなる皮質網状組織とより大きく活性化した.これらの結果は,不安が脳におけるより大きな予想反応性に関連し,精神医学的特性と相互作用する脳における機能的非対称性が存在するという仮説と一致する. 機能的な接続性は,両前庭の孤立が,両方のグループで心地よい予期の間に同様のネットワークに関与していることを示した.すべての予期条件の間,嫌悪者の間の左前胸部および右前部孤立部は,APグループの前頭頭頂葉および頭頂葉からなる皮質網状組織とより大きく活性化した.これらの結果は,不安が脳におけるより大きな予想反応性に関連し,精神医学的特性と相互作用する脳における機能的非対称性が存在するという仮説と一致する.

機能的結合によって推定されるヒトの大脳皮質のネットワーク

The organization of the human cerebral cortex
estimated by intrinsic functional connectivity

Journal of neurophysiology, vol.106, No.3, p.1125-1165

大脳皮質の情報処理は,分散された領域間で相互作用を伴う.解剖学的接続はある特定の領域が視覚システムのようなローカルの階層関係を形成しているということを示唆している.他の連結性パターン,特に連合野の間で,はっきりした階層的な大規模な回路の存在を示唆している.この研究では、ヒトの大脳におけるネットワークの構成はresting-state-fMRIを用いて調査した.1000名の被験者データは表面ベースの調整を使って位置合わせを行った.クラスタリング手法は大脳皮質全体に機能的に連結された領域のネットワークを識別するために使用された.結果は,感覚および運動皮質ならびに関連領域の分散ネットワークに狭いローカル・ネットワークを明らかにした.感覚と運動皮質内では,機能的な接続は隣接する領域全体の位置特異的な表示を行った.連合野において,連結性パターンはネットワーク境界の間に急激な遷移を示した.重点的な分析は,よりよくネットワーク連結性の特性を理解するために行われた.一次視覚野のMT+複合体,頭頂間溝,前頭眼運動野を含む標準的な感覚運動経路は,どのような相互作用が内及びネットワーク間に発生するのかを調査するために分析した,結果は,MT+複合体の隣接領域は,ネットワークにまたがる階層的な経路と一致して接続されていることが示された.頭頂と前頭前野関連皮質の機能的接続は次の調査が行われた.隣接領域の個々の接続特性は,それらが相互作用の証拠を示しながら,大部分が平行で,分散ネットワークに関係することが示唆されている.私たちは認知をサポートするために,猿の解剖学とヒトにおける潜在的進化の拡大に関して,これらの大規模な脳のネットワークの組織化を議論することによって結論付ける.

20150804 sohtani

NOGO 信号による前頭前皮質および頭頂皮質のパフォーマンス:事象関連fMRI 研究

pdf

The Human Prefrontal and Parietal Association Cortices
Are Involved in NO-GO Performances: An
Event-Related fMRI Study

NeuroImage, Volume 17, Issue 3, November 2002, Pages 1207-1216

前頭前皮質の重要な役割の1 つは行動抑制である。我々はNOGO 信号の認知時に、活性化する領域を識別する
GO/NOGO 課題において、全脳のfMRI 信号の変化を観察するために、機能的磁気共鳴映像法を用いた。実験は
被験者11 人が参加した。30 のGO 信号および30 のNOGO 信号がランダムで提示され、GO 信号が提示された
直後にボタンを押し、NOGO 信号が提示されたときにはボタンを押さないように教示した。NOGO 反応に関係す
る領域は左右両側の中前頭回、左背外運動前野、左後頭頂間溝と右後頭側頭に位置していた。GO 反応に関する活
性領域は左一次運動野、右小脳前葉、両側視床、前帯状回から補足運動野の部位に位置していた。準備過程に関
係する脳活動は左背側運動前野、左側面後頭部、右腹側運動前野、右紡錘状、前帯状回から補足運動野の部位で
確認された。両側前頭前野,頭頂間,後頭側頭で構成される脳のネットワークはNOGO 反応を実行する際に重要
な役割を果たしているということが結果から示された。