主観的輪郭形成の自発的制御

Voluntary control of illusory contour formation
William J Harrison, Reuben Rideaux
bioRxiv (2018): 219279

視覚的な脳は,視覚的な入力をコヒーレントな物体の構造化されたシーンに分割することが任されている.主観的輪郭の知覚を生成する図は,視覚システムが図形の区画を実行するために必要な最小限の条件を明らかにするが,そのような知覚的組織においてどのような視覚的注意が果たす役割があるかは不明である.ここでは,複数の錯視図形が暗示されている古典的なKanizsa図形の新しい変種を利用して,主観的輪郭が自発的な注意の誘導の下で形成されるかどうかをテストした.精神物理的応答分類技術を用いて,どの空間構造が知覚的決定を導くかを定量化し,機械分類器を使用して注意の影響に関する代替予測を生成した.そのような主観的輪郭が競合する幻想的な形態と衝突したとしても,主観的輪郭の形成は,図形が持つ要素に依存することがわかった.しかし,これらの主観的輪郭の強さは,図形要素なしの刺激によって暗示される形式によって制約されていた.したがって,このデータは,図形と背景の分割におけるトップダウンプロセスとボトムアッププロセスの相互作用を明らかにしている.主観的輪郭形成には注意が必要ではないが,いくつかの条件下では十分に注意状態にある.