瞳孔径分析による自動ストレス分類

Automatic Stress Classi cation With Pupil Diameter
Analysis
International Journal of Human-Computer Interaction, Vol.30, No.3, pp.220-236, 2014
20170830_hwada

この論文では,瞳孔の動きを心理的ストレスに関連付けるためのウェーブレット変換及びニューラルネットワー クに基づく手法を提案している.提案手法では,シミュレートされた運転課題時の瞳孔径及び電気皮膚活動を記録 することで評価を行った.自己報告のアンケートの収集も行った.参加者は,運転課題のみを含むベースライン ランを実行した後,アラート音が鳴っている際の運転,2 人の人間に運転の評価をされる運転及びこの両方の3 つ のストレスランを行った.自己報告及び瞳孔系は,指標付けされたストレス操作に成功し,これらの指標間に有 意な相関が発見された.しかし,皮膚電気活動は変化しなかった.訓練後,4 方向並列ニューラルネットワーク分 類器は,与えられた未知の瞳孔径が79.4%の精度で,4 つの実験のうちの1 つから来たかどうかを推測可能であっ た.本研究は,瞳孔径がストレス検出のための優れた識別力を有することを示した.