健常ボランティアにおける短期間マインドフルネス瞑想後の領域均一性と機能的結合性の変化

Alterations of Regional Homogeneity and Functional Connectivity Following Short-Term Mindfulness Meditation in Healthy Volunteers

Xiao, Qin and Zhao, Xingrong and Bi, Guoli and Wu, Lisha and Zhang, Hongjiang and Liu, Ruixiang and Zhong, Jingmei and Wu, Shaoyuan and Zeng, Yong and Cui, Liqian and others Frontiers in Human Neuroscience, vol.13, pp.1-12, 2019

マインドフルネスは,今この瞬間においての経験に対して判断せずに認識することと説明される.持続的なマインドフルネスの実践は,個人のwell-beingにも有益な影響を与える可能性がある.例えば,マインドフルネス瞑想は感情制御を改善するための効果的なアプローチの一つである.具体的には,マインドフルネス瞑想訓練の初期段階では,注意制御や実行機能に関する感情観察システムが強化される.デフォルトモードネットワーク(DMN)における活動の減少は,おそらくマインドワンダリングの減衰に対応している.本研究では,前頭葉頭頂皮質とDMNの機能的活動の変化は短期間マインドフルネス瞑想によって誘発される可能性があることを仮説とした.この研究では,8週間のマインドフルネスストレス低減法(MBSR)の前後で,健常被験者はマインドフルネスアンケートと感情測定,及び安静時の機能的磁気共鳴画像法を使用して評価された.右利きの,瞑想経験のない16人が登録された.別の16人の人口統計学的に一致した,瞑想経験のない健常な成人がコントロールとして採用された.MBSRの前後で評価が比較された.右上頭頂小葉,及び左中心後回(PoCG)の領域均一性の増加,及びPoCG関連ネットワークの機能的接続性の変化がMBSR後に観察された.マインドフルネスアンケートのスコアも改善され,MBSR後のマイナスの影響は大幅に減少した.後頭部の関与の減少とともに,我々の結果は,マインドフルネス初心者の頭頂皮質のより強い関与の傾向を示唆している.この研究は,短期間マインドフルネス瞑想による感情処理の最適化に関する新しい根拠を提供する.