ビデオカプセル内視鏡からポリープの分割と検出:評価

Polyp Detection and Segmentation from Video Capsule Endoscopy: A Review
V. B. Surya Prasath
Jounal of Imaging, Vol. 3, No.1, 2017

“ビデオカプセル内視鏡(VCE)は,現在,胃腸(GI)管を視覚化するために広く使用されている.カプセル内 視鏡検査は通常,追加の監視機構として処方され,ポリープ,出血などの特定に役立つ.VCE 検査で得られる大 規模ビデオデータを分析するには,自動画像処理,コンピュータビジョン,学習アルゴリズムが必要となる.近 年,様々な成功率を持つポリープの自動検出アルゴリズムが提案されている.大腸内視鏡検査およびその他の内 視鏡検査に基づく画像からのポリープ検出は発展した分野になりつつあるが,VCE でポリープを自動的に検出す ることは困難な問題である.我々は,VCE 画像のための異なるポリープ検出手法を検討し,標準の画像処理とコ ンピュータビジョン法が直面する課題を体系的に分析する.

脳は反復的な指の動きをどのように制御するのか

How the brain controls repetitive finger movements
Journal of Physiology-Paris, vol.99, no.1, pp.8–13, 2006
20161011 murakami

物理的・社会的環境における適切な相互作用には正確なタイミング能力が必要である.計画と運動の制御は感覚 同期に密接に関連しているので,同期能力の調査は運動行動の基本原則への洞察を可能にすると考えられる.指 タッピング課題がヒトの行動が外部イベントに関連して同期するのかを研究するために頻繁に用いられている.行 動研究のデータから,それは同期される周辺のイベントではなく,その中心的な表現であると仮定されている.感 覚同期の神経基盤は,最近になって研究されており,まだ十分に理解されていない.本稿では,感覚同期を調査す る神経生理学的研究のレビューデータから感覚同期に関連する神経生理学的プロセスを解明する.このレビュー は,単純で反復的な同期課題に関連した神経活動や脳磁場活動を調査した研究に焦点を当てている.

連続波fNIRS およびイメージング計測機器や方法論のレビュー

Areviewoncontinuouswavefunctionalnear-infraredspectroscopyandimaginginstrumentationandmethodology

Scholkmann, F., Kleiser, S., Metz, A. J., Zimmermann, R., Pavia, J. M., Wolf, U., Wolf, M. (2014). A
review on continuous wave functional near-infrared spectroscopy and imaging instrumentation and methodology.
Neuroimage, Vol. 85, pp.6-27.

20150908 taki

今年はfNIRSおよび機能的近赤外イメージングの20周年の年である.本書の目的は連続波機能的近赤外イメージングの機器及び方法論現在の状態を確認することである.この目的のために,市販の機器および光源や検出器やセンサ装置のような機器の側面の概要を記す.方法論的な側面では,oxy-Hbやdeoxy-Hbの濃度を計算するためのアルゴリズムやデータ解析のためのアプローチもまたレビューする.初期の数年のシングル位置計測から計測機器は最初に2次元,その後3次元に画像化するために進歩してきた.分析の方法もまた,現在使用されているデ-タ解析方法及び画像再構成を複雑化するために簡単な修正ランベルトベールの法則から大幅に変更された.これらの進歩により,機能的近赤外イメージングは広く神経科学の研究に使用されている様式となっており,いくつかのメ-カ-は,市販の機器を提供している.機能的近赤外イメージングは近い将来,単一の被験者での診断が可能となる臨床機器になる可能性が高いようである.