ASD とADHD 患者の構造的・機能的コネクティビティ:リッチクラブ組織研究

pdf

Structural and Functional Connectivity of the Human
Brain in Autism Spectrum Disorders and
Attention-De cit/Hyperactivity Disorder:
A Rich Club-Organization Study

Human Brain Mapping, vol.35, pp.6032-6048, 2014

ADHD とASD は児童の中で最も一般的で難解な神経発達障害である.この2 つの障害は多くの行動的そして
神経生理学的な特徴を共有しているが,多くのMRI 研究は同時に両方の障害を検討はしていない.構造的と機能
的コネクティビティを統合させるグラフ理論を用いて,3 つの児童のグループ(ADHD (8–12 歳,n = 20),ASD
(7–13 歳,n = 16),統制(8–12 歳,n = 20))のラージスケールネットワーク組織を検討した.密に結合された
ハブ領域は自身もまた密に結合されているリッチクラブ組織の概念を適用する.そして脳を2 つの異なるネット
ワークドメインに分け検討する.(1) リッチクラブネットワーク現象内と(2) リッチクラブネットワーク現象外で
ある.ASD とADHD グループは機能的・構造的データ共に,リッチクラブとノンリッチクラブ結合のパターンが
明らかに異なる.ASD グループはリッチクラブネットワーク内の構造的・機能的ネットワークにおいてのみ強い
コネクティビティを示した.これらの結果はASD (n = 85) と統制(n = 101) の自閉症の脳イメージングデータ
によって再現された.ADHD グループはリッチクラブネットワーク内において弱い一般的な拡散異方性と機能的
コネクティビティ示したが,リッチクラブ外での神経繊維本数と相関係数は高かった.いくつかの生態学的特徴
や頻繁におこる合併症は共通であるが,これらのデータはADHD とASD 児はラージスケールコネクティビティ
のパターンが明らかに異なることを示している.