表層および表層組織におけるヘモグロビン変化を模擬するための2つのステージ駆動吸収装置を備えた動的ファ ントム

Dynamic phantom with two stage-driven absorbers for mimicking hemoglobin changes in superficial and deep tissues
Journal of biomedical optics,vol. 17,no. 4,pp.047001,2012
161219_syokoyama

脳活動と脳機能の連結性を監視するための近赤外分光法(NIRS)では,NIRS 信号に対する表面組織の影響を 考慮する必要がある.頭皮と脳の影響を判定するいくつかの方法が提案されているが,実際の吸収変化を知るこ とができないため,方法の直接の検証は困難であった.この問題に対して,私たちは表層と深層組織におけるヘ モグロビンの変化を模擬する動的ファントムを開発し,その方法を実験的に検証することができた.2 つの吸収体 層は,2 つの 1 軸自動ステージが独立して駆動される.ファントムを使用し,吸収変化の任意のタイプの波形(例 えば,脳活動または全身変動)を設計することができ,その波形は再現可能に測定された.ファントムの有効性 を判定するために,複数の光源検出器の距離測定に使用した.近距離回帰を用いた減算法の性能についても検討 した.最短距離チャネルを使用した場合、最も正確な下位層の変化が得られた.さらに,同じデータに対して独 立成分分析を適用した場合,抽出された成分は実際の信号とよく一致した.これらの結果は,提案されたファン トムが表層組織の効果を識別する方法を評価するために使用できることを示した.