スマートホスピタルのためのオントロジー開発とUML とRDF を使った実装

Development of Ontology for Smart Hospital and Implementation using UML and RDF

IJCSI International Journal of Computer Science Issues, Vol. 7, Issue 5, September 2010, ISSN (Online):
1694-0814
20150918kmishima

患者の情報は,ヘルスケアシステム内の各患者の全体的な品質に基づいた任意のヘルスケアシステムにおける,患者のプライバシーの重要な構成要素である.ヘルスケアシステムの主な取り組みは,患者情報と患者とプライバシーの質を改善することである.病院内には組織単位または部門が多くあり,それらはお互いに最適な調整が必要である.有用なヘルスケア・オートメーション・ソフトウェアでさえも,病院内の組織にや部門にそのような調整を提供してない.これらのソフトウェアは病院の仕事を制限するだけでなく,他の病院や血液バンクなどとの連携をも制限している.したがって,これらの病院は良い施設やサービスを持っているにも関わらず,それらの情報を共有できないでいる.今日では,緊急時を含めどんな時でもどんな場所でも,患者の過去の病歴に基づいた治療を提供できるコンピュータ環境が必要である.パーベイシブとユビキタス環境,セマンティックWebは,このフィールドではとても有益である.このためには,従来の病院環境でのセマンティックWebを用いたユビキタス・ヘルスケア・コンピューティングの開発が必要である.本論文は,病院が近い将来にスマートホスピタルになるためにこれら問題を取り除こうとした,ユビキタスとパーベイシブ・コンピューティング環境とセマンティックWebに基づいている.本稿では,スマートホスピタルのための知識ベースのオントロジー記述を開発するための試みである.