客観的特性マインドフルネスの動的機能的接続マーカー

Dynamic functional connectivity markers of objective trait mindfulness
Lim, Julian and Teng, James and Patanaik, Amiya and Tandi, Jesisca and Massar, Stijn AA
NeuroImage, vol. 176, pp.193–202, 2018

マインドフルネスは,練習を通して洗練されるスキルとして一般的に見られるが,訓練されていない個人も,性質上のマインドフルネスにおいて幅広く変化する可能性がある.以前の研究では,この特性の静的な神経接続相関が確認されている.ここでは,自然状態変化と客観的に測定された特性マインドフルネスに関連する時間変化する接続パターンを研究するために,安静状態fMRIの動的機能接続性(DFC)分析を使用する.参加者は,高い特性マインドフルネス(HTM; N = 21)および低い特性マインドフルネス(LTM; N = 18)グループを形成するために,数息観タスクの実行者の上および下三分位から選択された.安静状態のfMRIデータのDFC分析は,HTMグループがネットワーク内の接続性が高く,タスクポジティブネットワークとデフォルトモードとの間のより大きな反相関することを特徴付けられたタスク準備に関連した脳状態となるには十分な時間を有することを明らかにした. HTMグループは脳の状態間の遷移頻度が高いが,タスクレディ状態の各エピソードにおける滞留時間は群間で同等であった.これらの結果は,警戒のために管理した後も維持された.個人間では,特定の接続性指標は,FFMQアンケートで測定された自己報告のマインドフルネスと弱く相関してたが,複数の比較の訂正に耐えられなかった.静的な接続性マップでは,HTMの個人はDMNとセイリエンスネットワークでより大きなネットワーク内の接続性を持ち,DMNとタスクポジティブなネットワークとの間には大きな反相関があった.要するに,DFCはHTMおよびLTM個体を強く区別し,性質的なマインドフルネスの測定に有用な生物学的マーカーとなり得る.

客観的な特性マインドフルネスの動的機能接続性マーカー

Dynamic functional connectivity markers of objective trait mindfulness
J. Lim, J. Teng, A. Patanaik, J. Tandi and S.A. Massar
NeuroImage, vol. 176, pp. 193-202, 2018.

マインドフルネスは,実践を通して培われるスキルであると一般的に考えられるが,訓練されていない個人も性質的なマインドフルネスにおいて大幅に変化する可能性がある.先行研究では,この特性の神経接続相関が確認された.本稿では,自然な状態変化と客観的に測定された特性マインドフルネスに関する時間変化する接続パターンを研究するために,Resting state fMRIの動的機能接続性(DFC)解析を使用する.被験者は高性能マインドフルネス群(21名)と低性能マインドフルネス群(18名)のグループを形成するために,Breath countingタスクの上位と下位の三分位置から選択された.Resting state fMRIのDFC解析は,高性能マインドフルネス群がタスク準備状態に関連する脳状態で有意に多くの時間を費やしたことを明らかにした.タスク準備状態とは,ネットワーク内の接続性が高く,タスクポジティブネットワークとデフォルトモードネットワークとの間により大きな反相関を特徴とする状態である.高性能マインドフルネス群は脳状態の遷移頻度が高いが,タスク準備状態の各サイクルにおける滞留時間は群間で同等であった.これらの結果は,PVTの後も維持された.個人間では,特定の接続性指標はFFMQによるマインドフルネスと弱い相関であったが,多重比較補正に耐えられなかった.静的な接続性マップでは,高性能マインドフルネス群の個人は,デフォルトモードネットワークとセイリエンスネットワークでより大きなネットワーク内の接続性を持ち,デフォルトモードネットワークとタスクポジティブネットワークとの間に大きな相関性があった.つまり,DFCは高性能マインドフルネス群および低性能マインドフルネス群を強く区別し,特性マインドフルネスのすく測定に有用な生物学的マーカーとなり得る.

客観的な特性マインドフルネスの動的機能的接続マーカー

Dynamic functional connectivity markers of objective trait mindfulness
Lim, Julian and Teng, James and Patanaik, Amiya and Tandi, Jesisca and Massar, Stijn AA
NeuroImage, vol. 176, pp. 193-202, 2018

マインドフルネスは,訓練を通して養われるスキルとして一般的にみなされているが,訓練されていない個人も,特性マインドフルネスにおいて幅広く変化する可能性がある.先行研究では,この特性の静的な神経コネクティビティにおける相関が確認されている.ここでは,自然に変化し,客観的に測定された特性マインドフルネスに関連する時系列変化のコネクティビティパターンを研究するために,Resting-state fMRI における動的機能的接続(DFC)分析を使用する.被験者を高性能マインドフルネス(HTM; N = 21)および低性能マインドフルネス(LTM; N = 18)のグループを形成するために,呼吸数測定タスクにおいて上および下三分位から被験者が選択された.Resting-state fMRI データのDFC 分析によると,HTM グループは長時間,タスク準備状態に関連した脳状態となっていた.すなわちその脳状態は,ネットワーク内の接続性が高く,タスクポジティブネットワークとデフォルトモードとの間の強い反相関を特徴としていた.HTM 群は脳の状態間の遷移頻度が高いが,タスク準備状態が現れたときの持続時間は群間で同等であった.これらの結果は,警戒のために管理した後も維持された.個人間では,FFMQ で測定されたように,ある種の接続性指標は自己報告されたマインドフルネス状態と弱く相関していたが,複数の比較補正によって消えた.静的な接続性マップでは,HTM の個人はDMN とSN でより大きなネットワーク内の接続性を持ち,DMN とTPN のとの間には大きな反相関があった.要するに,DFC はHTM およびLTM 個体を強く区別し,特性マインドフルネスの測定に有用な生物学的マーカーとなり得る.