オンライン二者コミュニケーション時における構文の共有された神経表現

Shared neural representations of syntax during online dyadic communication
W. Liu, H.P. Branigan, L. Zheng, Y. Long, X. Bai, K. Li, H. Zhao, S. Zhou, M.J. Pickering and C. Lu NeuroImage, vol. 198, pp. 63-72, 2019

人々がコミュニケーションをとるとき,彼らは構文のようなレベルで精神的な表現を合わせることによりお互いに似たような方法で世界を見るようになる. 構文は人間を他の人間以外の動物と区別する,人間の言語の本質的な特徴である. しかし,コミュニケーションをとる人が構文規則の神経表現を共有するかどうか,またその方法はまだよく分からない. ここで,我々は機能的近赤外分光法(fNIRS)に基づいたハイパースキャニングを使用し,一連の二者コミュニケーションの文脈でコミュニケーションをとる両者の脳活動を測定することでこの問題に対処した. コミュニケーションをとる二者は,同じあるいは異なる構文構造を使用して交互に話をした. コミュニケーションをとる人が異なる構文構造を生成した場合と比較して,お互いに同じ構文構造を生成した場合は,右上側頭回後部における対人神経同期(INS)の有意により高いレベルでの増加を結果は示した. これらのINSの増加はコミュニケーションの質と有意に相関した. 我々の発見は,コミュニケーションをとる人の間で構文の共有神経表現の最初の証拠を提供する.