NSGA-II を用いた土地利用配分の空間多目的最適化手法

Spatial Multi-Objective Optimization Approach for Land Use Allocation Using NSGA-II
IEEE Journal of Selected Topics in Applied Earth Observations and Remote Sensing vol.7(3), pp.906-916,
2014
171005 ykohri

土地利用パターンの分析と評価は,天然資源管理にとって非常に重要である.土地利用配分に関する近年の研究は,主に線形計画最適化に基づいている.これらの方法は多目的問題を解決する能力は有するが,土地利用管理のために最適化の空間的側面は考慮されない.本研究では,イラン北西部における土地利用配分の最適化のためにNSGA-II を適用した.灌漑農業,乾燥農業,放牧地,およびその他の用途の4 つの土地がETM 画像から抽出された.本手法では,交換ランダムブロック(ERB)と呼ばれる新しいクロスオーバを使用して,個体間で情報を交換した.結果は,本手法が提案された条件に従って最適な土地利用組合せのセットを見つけることができることを示した.また,GoA-MOLA という多目的土地配分の手法と比較した場合,NSGA-II の性能が許容可能であることを示した.