ドラミングによる感情の伝達:機能的近赤外光法を用いた二者の脳イメージング

Communication of emotion via drumming: dual-brain imaging with functional near-infrared spectroscopy
R. Rojiani, X. Zhang, A. Noah and J. Hirsch
Social cognitive and affective neuroscience, Vol.13, No.10, pp.1047-1057, 2018

感情の非言語コミュニケーションは,人間の相互作用に不可欠であり,多くの臨床応用に関連している.しかし,社会神経科学の分野においてそれはまだ十分に研究されていないテーマである.ドラミングは感情を表現する昔の非言語コミュニケーション様式であり,これまでこの文脈の中では研究がされていなかった.我々は,新しい二者の脳のニューロイメージングパラダイムを用いて,ドラミングによる感情の生で,自然なコミュニケーションに対する神経反応を調査した.血行動態信号は,全頭に対して機能的近赤外分光法を用いて取得した.36人の被験者ペアが,国際感情画像システムから感情的に際立つ画像に反応して,「送信」(ドラミングまたは相手に話すこと)と「受信」(相手の話を聞くこと)を交互に繰り返す2つの条件,ドラミングとトーキングに参加した.ドラム音の増加した周波数と振幅は,より高い覚醒度そしてより低い感情価の尺度と行動的に相関し,聞き手の側頭頭頂接合部(TPJ)の活性と神経的に相関した.会話よりドラミングが大きいコントラストの比較もまた右TPJの神経活性を明らかにした.まとめると,ドラミングにより伝達される感情的な内容は,感情的にも行動的にも敏感な方法で右TPJメカニズムに関わることを示唆している.ドラミングは,社会および情動に関わる精神病理学の治療に新規的で効果的な臨床アプローチを提供するかもしれない

ネンキー・インパティブ・ピクチャー・システム:ヨーロッパとイランにおける異文化研究

Nencki Affective Picture System: Cross-Cultural Study in Europe and Iran
Monika Riegel, Abnoos Moslehi, Jaroslaw M. Michalowski, Lukasz Zurawski, Marko Horvat, Marek Wypych, Katarzyna Jednorog, Artur Marchewka
Frontiers in psychology, vol.8, pp.274~288, 2017

従来、感情は普遍的であると仮定されてきたが、最近の研究は、感情の様々な側面が文化的背景によって媒介さ れる可能性があることを示唆している。我々の研究の目的は、視覚的感情刺激の主観的評価の場合に、これらの見 解をテストすることであった。私たちはまた、最近導入されたネンキーの効果的な画像システム(NAPS)データ ベースを異なる文化グループで検証しようとした。文化的に異なるイラン人のサンプルの感情とヨーロッパ人の 感情を比較しようとする試みはこれまでになかったので、40 人のイラン人と 39 人のヨーロッパ人から主観的な評 価を集めた。各文化グループは、規範的な感情評価を提供し、個別の感情に応じて写真を分類するように別々に求 められた。結果を分析して、個々の画像の格付けにおける文化的差異を特定した。 NAPS の 177 枚の写真は、感 情の次元(価数と覚醒)の観点からも、誘発された基本的な感情(幸せ、悲しみ、恐怖、驚き、怒り、嫌悪感)の 強さに関して評価された。国際感情映像システムを用いたこれまでの研究とは対照的に、ヨーロッパ人とイラン 人の私たちの結果は、感情次元の格付けも基礎感情の格付けも文化的グループによって異なっていないことを示 している。しかし、写真(動物、顔、風景、物体、人)の内容は、原子価や覚醒の格付けに大きな影響を与えまし た。これらの知見は、異文化感情研究におけるさらなる研究が刺激の内容を制御すべきであることを示している。

人の連合学習における神経の相互関係

Neural Correlates of Human Associative Learning
Tsinghua Science and Technology vol.16(2), pp. 140-144, 2011
160705 ykohri

動物における恐怖の研究では,文脈や合図の両方の主に嫌悪条件付けと扁桃体が関連づけられる.しかし,神 経生理学的研究は扁桃体が様々な種類の刺激報酬学習でポジティブな感情の処理を担っていることを示している. 現在の研究の目的は,この発見を人に当てはまるか調査することである.fMRI は嫌悪感と食欲調節における神経 基盤を調査するために用いた.最初の研究では,合図または文脈が関連付けされた時に電気ショックを与えた.次 の研究では,嫌悪条件である電気ショックと食欲増進の報酬を使って食欲と嫌悪の調節を統合する.文脈条件付け で海馬がより活性したのに対し,扁桃体における反応は合図と文脈の条件付けの両方で観察された.また,強音 響刺激に対しては扁桃体の活性が高かった.これらの調査結果は,刺激量や刺激の種類に関係なく連合学習にお いて扁桃体は重要であるということを強調している.