マインドフルネス瞑想は社会的苦痛の共感時に前部島の活動を調節する

Mindfulness meditation regulates anterior insula activity during empathy for social pain
D. Laneri, S. Krach, F.M. Paulus, P. Kanske, V. Schuster, J. Sommer and L. Muller-Pinzler
Human brain mapping, vol. 38, no. 8, pp. 4034-4046, 2017.

マインドフルネスはストレスを低減し,健康と幸福を促進することはもちろん他者に対する思いやりのある行動を増やすことが示されている.自己調節プロセスを強化し,感情反応性を低下させることで,変化した神経応答に合わせて,自分自身の痛みを伴う経験に対する苦痛を軽減する.マインドフルネスが他者の社会的苦痛の経験に対する共感に関連する苦痛および神経活性化を同様に減少させるかどうかを調べるために,本研究では,長期的なマインドフルネス瞑想(LTM)の実践の特性と状態効果を比較した.これを行うために,我々は,対照群と一致した2群のLTM実施者群の間の瞑想状態を操作しながら,社会的苦痛課題の共感時にfMRIを用いて行動データと神経活動データを取得した.結果は,他者の社会的苦痛を分かち合う際に,前部島(anterior insula:AI)および前部帯状皮質(anterior cingulate cortex:ACC)ならびに内側前頭前皮質(medial prefrontal cortex)と側頭葉(temporal pole)の活性化がLTM実践者群および対照群において増加したことを示した.しかし,他者の社会的苦痛を観察する前にマインドフルネス瞑想を実践したLTM実践者群では,左のAIの活性化は低く,マインドフルネス瞑想後のAIの活性化の強さは,LTM実践者の思いやりの性質と負の相関があった.現在のマインドフルネス瞑想は他者の苦痛を分かち合うことによって苦痛に対処するために適応メカニズムを提供し,それによって思いやりのある行動を可能にすることが示唆された.