Windows HPCコンソーシアム 第2回セミナーのご案内

下記の申込書を2007年02月12日の午後3時までにお送り下さい)

2007年01月15日に開催のセミナー(テーマ「PCクラスタの新潮流:パーソナルクラスタ」)もまだまだ間に合います.こちらをごらんください.

テーマ「Excel が拓くPCクラスタの新世界」


概要

Windows HPC コンソーシアムは2006年4月の発足以来、「すべての科学者、技術者、あらゆる企業に High Performance Computing (HPC) のプラットフォームを提供する」という理念の実現のため、様々な普及・啓蒙活動を行っておりますが、第二回主催イベントとして「Excel が拓く PC クラスタの新世界」をテーマにセミナーを開催致します。

近年 PC クラスタはHPC のインフラとして確固たる地位を築いておりますが、従来そのオペレーティング・システムとしてLinuxが使われ、Windows が大半を占めるデスクトップ環境との融合、特にオフィス・アプリケーションとの連携は困難でした。オフィス・アプリケーションの中でも特に Excel は数値計算のインターフェースとして使われるばかりでなく、製造業での設計情報の管理や、金融業でのモンテカルロ・シミュレーションなど、Excel 自体でも大規模な計算がされるようになってきており、Excel で長時間の演算を行うことも稀ではなくなっています。しかしながら Excel はデスクトップのアプリケーションであり、大規模化する計算需要には対応できませんでした。Windows Compute Cluster Server 2003 の出現により Windows で PC クラスタが簡単に構築できるようになると、こうしたオフィス・アプリケーションの PC クラスタでの利用が可能になり、PC クラスタの新たな用途への展開や HPC インフラとしての裾野の広がりが期待できます。

 Windows HPC コンソーシアムの第二回セミナーでは Excel が切り拓く新しい PC クラスタの利用方法に焦点を当て、様々な角度からその魅力をご紹介したいと思っています。ご多忙中とは存じますが、是非多くの方のご参加を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。


場所

場所:同志社大学 東京オフィス セミナールーム    

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング5階

http://www.doshisha.ac.jp/access/tokyo_access.html


プログラム

13:30
開会
13:30-13:45
「Windows HPC コンソーシアムについて」
同志社大学 工学部インテリジェント情報工学科 
助教授 廣安 知之
今後ますますHPCの重要性は高まっていくものと予想されます。特に、これまでHPCを利用していなかったユーザーがHPCを利用することにより、新しい製品の開発、大幅なコストダウン、新しい発見の手助けが可能となります。Windows CCSをOSとしたHPCシステムを基盤としてより広くHPCを普及させる目的で、2006年4月にWindows HPCコンソーシアムが設立されました。本講演では、コンソーシアムの設立趣旨、目的、現状その他最新情報などについてご説明いたします。
13:45-15:00
スケールする Excel: Excel 2007とWindows Compute Cluster Server 2003
マイクロソフト株式会社 Windows Server製品部
HPCテクニカル・エヴァンジェリスト 林 憲一
デスクトップのアプリケーションであった Excel はWindows Compute Cluster Server 2003 と 組み合わせることによって PC クラスタで分散処理させることが可能になります。その手法には Excel インターフェース、Excel クライアント、ExcelサービスそしてExcel グリッドと様々あります。 デスクトップ・マシンの制約から解き放たれた、スケールする Excel をご紹介致します。
15:00-15:15
(休憩)
15:15-15:45
「PCグリッドによるExcelマクロの分散処理と高速化 〜AD-POWERsとExcelによる分散処理の実際と事例〜」
大日本印刷株式会社 AD-POWERs 推進室
室長 伊豫田 一成
エンドユーザが手軽に利用できる開発環境でもある Excel を用い、シミュレーション・最適化・パラメータ探索等、処理に時間のかかるアプリを自分用に開発している事例が多々あります。  今回は、これらの用途を念頭に、AD-POWERs を用いた Excel 分散処理の方法や適用事例を御紹介いたします。
15:45-16:15
「Excelベースでのリスクシミュレーション 〜Crystal Ball 7〜
構造計画研究所 創造工学部
池田 修一
近年、企業や各事業管理におけるリスク管理が非常に重要視されるようになって来ました。そのリスクを定量化する手法の一つがモンテカルロ・シミュレーションです。Crystal BallではExcel上でシミュレーションを行い、リスクを定量化し、改善します。
16:15-16:30
 
質疑応答・閉会

申し込み方法


下記の情報を2007年02月12日の午後3時までに電子メイルにてお送り下さい)

参加費無料

----------------------------------
宛先:mailto:winhpc-staff@is.doshisha.ac.jp
----------------------------------
標題:Windows HPCコンソーシアム 第2回セミナー
----------------------------------
所属/会社名:
所属種別:(下記の種別から番号をお書き下さい)
氏名:
メールアドレス:
----------------------------------
〔注〕所属種別欄には次の番号をお入れ下さい。
1.企業
2.財団法人などの非営利団体
3.大学,高専,国公立研究所
4.学部生,大学院生

Copyright (c) 2006 -2007