Windows HPCコンソーシアム 2007年度 第2回セミナーのご案内

Dr. Burton Smith (Microsoft Technical Fellow) 特別講演

  • 主催:同志社大学 Windows HPCコンソーシアム
  • 日程・会場

概要

Windows HPC コンソーシアムは2006年4月の発足以来、「すべての科学者、技術者、あらゆる企業に High Performance Computing (HPC) のプラットフォームを提供する」という理念を掲げ、PCクラスタの普及・啓蒙活動を行ってきました。

今年度第二回目のセミナーはマイクロソフトのテクニカル・フェローのDr. Burton Smithを迎え、特別講演をお願いしています。 また先ごろ発表されたTop500にランクインしたCCSのクラスタについて、ExcelがLinpack実行にどのように役に立ったか、など生産性の向上に役立つ HPC への取り組みや、CCSの最新情報をマイクロソフトから紹介してもらいます。


プログラム

13:30
開会
13:30-13:30
「開会あいさつ」
准教授 廣安 知之
13:30-13:50
Windows Compute Cluster Server 2003 最新情報
シニアプロダクトマネージャー 古賀 正章
CCSの製品情報、最近リリースされたホワイトペーパー、ISVアプリケーションのCCSへの対応状況、ベンチマーク結果等、CCSの最新情報をご紹介します。
13:50-14:40
【特別講演】「Reinventing Computing」
Advanced Strategies and Policy, Microsoft Corporation
Dr. Burton Smith, Technical Fellow
The many-core inflection point presents a new challenge for our industry, namely general-purpose parallel computing. Unless this challenge is met, the continued growth and importance of computing itself and of the businesses engaged in it are at risk. We must make parallel programming easier and more generally applicable than it is now, and build hardware and software that will execute arbitrary parallel programs on whatever scale of system the user has. The changes needed to accomplish this are significant and affect computer architecture, the entire software development tool chain, and the army of application developers that will rely on those tools to develop parallel applications. This talk will point out a few of the hard problems that face us and some prospects for addressing them.
14:40-14:50
(休憩)
14:50-15:20
生産性向上のための HPC: Excel 2007によるLinpackの実行を例に
マイクロソフト株式会社 Windows Server 製品部
HPCテクニカル・エヴァンジェリスト 林 憲一
2007年6月に発表されたTop500にCCSのシステムは2つランキングされました。それらのシステムではLINPACKチューニングのためにExcelが使われました。Excelを利用した効率的なチューニングやベンチマークの実行方法について解説します。
15:20-15:50
STAR-CD/STAR-CCM+のWindows CCS対応についてのご紹介
株式会社シーディーアダプコジャパン カスタマーサービス部
島田 正仁
STAR-CCM+の機能についてのご紹介とSTAR-CD,STAR-CCM+の Windows CCS対応状況についてのご紹介をさせていただきます.
15:50-
 
質疑応答・閉会

申し込み方法


下記の情報を

  • 2007年08月24日の午後3時までに電子メイルにてお送り下さい
  • 標題:「Windows HPCコンソーシアム 第2回セミナー」としてください.

参加費無料

----------------------------------
宛先:mailto:winhpc-staff@is.doshisha.ac.jp
----------------------------------
----------------------------------
所属/会社名:
所属種別:(下記の種別から番号をお書き下さい)
氏名:
メールアドレス:
----------------------------------
〔注〕所属種別欄には次の番号をお入れ下さい。
1.企業
2.財団法人などの非営利団体
3.大学,高専,国公立研究所
4.学部生,大学院生

Copyright (c) 2007