頑張れApple

私のコンピュータ嫌いはDOSが原因だった.Config.sysとかの設定がまったくわからなかった.
きっと今でもわからないだろう.
そんなときに出現したMacintoshは素晴らしかった.
 直感的なGUI
 設定の容易さ
 かわいらしさ
 ポストスクリプトプリンタの美しさ
 などなど
だから ずっとMacintoshから離れなれなかった.
職を得て,移動が多くなるとノートが必要だった.
iMACを移動用macだと持ち運んでいた時代もあった.でも,やはりWindows機のマシンの豊富さには勝てなかった.
そして現在にいたる.
本日からAPPLEは新しい時代に入る.
音楽の配信だ.いままでは,聞きたい曲がなかった.これからは違うんだろう.
そして,世界が変わるかもしれない.
僕はMacが欲しくて欲しくてたまらない.
きっと僕以外にも同じ気持ちな人もいっぱいいるだろう.
Appleの市場はたかだか2.3%. 
これからAOLもMicrosoftも参入してくるだろう.厳しい戦いだ.
他のソフトではできないことが,この音楽配信と映像配信にあればいい.そうすれば,仕事はWindowsでも音楽はMacにできるから.
そして僕はMacを買わざるを得ないから.
頑張れMac 頑張れApple.

ほしいのは

Webコンテンツの取得や複製を阻止するユーティリティ「ANTIDOTE」
企業とかだとこういうソフトが必要なのだが,僕たちみたいな商売だと,できるだけコピーされてなんぼのところがある.
なので,ここからコピーしましたよって宣言してもらえれば,コピーは歓迎なんだな.
そいういうのは著作権でいうとどういうライセンスなんだ?特にCreative Commons的に言うと.
で,僕たちが必要なのは,コピーを阻止するソフトでなくて,こっちが提供するコンテンツに他のコピーが含まれていないかをチェックするソフト.
1)Free CopyRightsを学生が宣言して,それにCopyRightsが含まれるものが入っていると困る.
2)著作権を宣言した文書に他の人のコピーが入っている.
3)すべてをチェックするのは事実上無理.
これを解決してほしいんだな.