月別アーカイブ: 2009年9月

HPCプログラミング

HPCプログラミング (IT Text) オーム社 2009-08売り上げランキング : 275876 Amazonで詳しく見る by G-Tools 献本御礼 HPC関連のプログラムに関する日本語のテキストがあまりないので助かる. 特に,概要の部分や行列計算のところは授業でも使いやすい内容だ. ただ,最近の情報系の学生は数学ぎらいだし,fortranもあまり触ったことがないと思うのでそこは敷居が高いかも.

カテゴリー: 未分類 | コメントする

NHKのイチローのドキュメンタリー

月曜日に家に帰ったら ちょうど下記のようなドキュメンタリーをやっていた. 「スポーツ大陸」 毎週月曜 夜10:45-11:30 NHK総合 毎週日曜 夜7:10-8:55 BS1 ※イチロー選手の回は、NHK総合で9月14日(月)夜10:45-11:30 BS1で9月20日(日)夜7:10-7:55に放送 MSN テレビ番組 番組は、長期にわたるイチロー選手へのインタビューを中心に、今季の取材も交えて構成。100年以上、誰も成し得なかった大記録を達成したイチロー選手の“心・技・体”に迫る。 先シーズンからの苦しみの話,WBCで切り開いた境地などなど,もう感動的な番組であった. 内田先生は下記のようにお嘆きであるが 先日、9年連続200本安打の記録を立てた偉大なベースボールプレイヤーであるが、記録に言及されることをあまり喜ばないのはどういうわけか。 それは彼の卓越したパフォーマンスを数値的にしか表示しようとしない日本のスポーツメディアの能力の低さにうんざりしているからではないかという話をする。 アスリートのパフォーマンスを数値でしか語れないというのは、現代日本を覆い尽くしている「幼児化」の端的な徴候である。 スポーツメディアが書くのは「数字」と「どろどろ人間模様」だけである。 そうでもない良い番組であった.

カテゴリー: 未分類 | コメントする

名古屋大学 理学部 広報誌 「理 philosophia」

昨日 名古屋大学の岡本先生のところにおじゃました. タンパク質の立体構造予測の共同研究の件でミーティングを行わせていただいたのだが,岡本先生にお仕事されている学部の広報誌 「理 philosophia」を紹介してもらった. さすが名古屋大学 最近 ノーベル賞受賞者がたくさんいらっしゃるだけあって,非常に中身の濃い内容になっている. すばらしい. この広報誌にどれだけの力と資源がかかっているのだろうかと圧倒される. ただ,ウェブ上ではあまり利用されていないのが残念ではある.

カテゴリー: 未分類 | コメントする

情報処理学会 第75回MPS研究会

情報処理学会 第75回MPS研究会 に参加するために北海道に移動中です. 北海道大学で開催されます. 学生が4名 発表します.この学会は,投稿論文の審査も連動しているのでなかなか緊張します. また人生初の試みもあります. 北海道はすでに寒そうですよね.

カテゴリー: 未分類 | コメントする

あの人のノートが見たい

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2009年 9/17号 [雑誌] 文藝春秋 2009-09-03売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools このナンバーはいつもに増してすごい. 中村俊輔がこんなに丁寧に継続してノートをつけていたとは驚きである. きっと頭がよいのであろう. そして,サッカーに対する真摯な思い,向上心が本当に伝わってくる. 学生が大学に入ってきてまず教えたいのが,ノートの取り方である. ただ黒板を写すだけでなく,自分が必要とすることを向上することを記すための,そして後で役に立つためのノートである. けれどもモチベーションや向上心がなければまったく役にたちはしない. 技術だけでなくて,精神論に関する記事もはりつけてある.すごい. 今,学生に 自分を信じろとか未来に投資しろとか授業で言ってもしらけるだけだろう. 沖縄尚学のノート 「覇気がなければ甲子園には行けない」 脳はアウトプットしたときに信号が流れるわけなので,考えて,手を動かして,また 考えることで学習が強化されていく. スポーツ選手がノートをとることと成功することは無縁ではない.

カテゴリー: 未分類 | コメントする

プロの残業術。

プロの残業術。 一流のビジネスマンは、時間外にいったい何をしているのか? 草思社 2009-08-22売り上げランキング : 123 おすすめ平均 無残業論で窮屈になった頭を解放してくれる非常によくまとまっています残業を肥やしにしたい方にお勧めの1冊。 Amazonで詳しく見る by G-Tools 献本御礼. この本を誰が読むのかというところから考えてみたい. 最近の日本の風潮では,「残業はいかん」とか,「残業するやつは能力がないやつだ」とか言った具合に,悪いイメージになっている.学生も健康に気をくばりはやばやと帰途につく. そんな風潮はいかがなものかとか,実際に残業で成果をあげている人とか,もっと時間をうまく使って成果をあげたいと思っている人もたくさんいるだろう.そんな人にはぴったりの一冊だ. いろいろなノウハウやティップスが詰め込まれている. 一方,ただ言われるがままにだらだら時間をついやしている人,自己改善にまったく興味がない人はどうだろう.残念ながら本書はまったく役にたたない.やる気とか,モチベーションがあることが前提で書かれているので,ない場合には逆の効果しかうまれないのではないかと思われる. 以前に,フランスから帰っている飛行機で,フランス人の営業マンにあったのだが,ばりばり仕事していた.奥さんが「日本は残業しすぎ」みたいなことを言うので,お前のだんなは休んでいるのかと聞くと,休みはまったくないという.なんだよ,結局 働いているやつはどこでも働いているのじゃないかと思ったものだ.それからアメリカでもヨーロッパでも大学院生とか死ぬほど勉強してんだよなあと思うことがよくある. 最後に,日本は休みが多いというのは激しく同意. お盆も休みだし,今月はまた連休がある.予定がたたんでござるよ. どうでもよいが,無駄なお酒で大切な時間をつぶしてはいけないと筆者が説いているのに,はやばやと昨日は飲み会に参戦し,今日はダウンしているのだ. だめだなあ. そして,最後に.筆者はつねにゴールからの逆算することの重要性を解いているのだが,それを逆に考えると,後書きで書きたかったことが先にあって,それでこの本ができあがったのかもしれないなあと思う.

カテゴリー: 未分類 | コメントする

クラウド

クラウドという単語が急速に一般的なものになってきている. たとえば 5分でわかるクラウド・コンピューティング@IT いくつか面白い記事があった. データベースも1つのインフラとしてとらえなければならない IT Media エンタープライズ ハードウエア,ソフトウエア,そして今はなによりもデータベースの中身がなによりもサービスの根源となる.だからgoogleはおそろしい.ハードウエア,ソフトウエアをいくらそろえても有力な技術になりえない. みんなのきょうの料理 こんなコンテンツが地道に大量にそろえることが必要なのではなかろうか. プライベートクラウドを構築する IT Media エンタープライズ そして,プライベート用にもクラウドを用意しておく必要がある. 柔軟なレポジトリ,超短期で使うアプリやサービス用として. ベストシステムズ くらうど独り言 クラウドで儲かっている会社は聞いたことがありません。AmazonだってGoogleだって、元々自分たちでかなりのリソースを持っていて、その余剰能力を他の人に売っています。すると基本的に原価がゼロに近いわけですから、事業として成り立っているのです。もしクラウド単独での事業を考えたら、確実に採算割れしているはずです。 この点は非常に重要なのではなかろうか.ここが大きな胆だ.別のサービスをたてておかなければクラウド事業がなりたたず,クラウドはこれからも重要なキーになっていく.そのためには,クラウドの資源だけを見つめても商売にならない.HPCも同様だろう.

カテゴリー: 未分類 | コメントする