月別アーカイブ: 2010年12月

大前氏 アップルは失敗繰り返しアンドロイドに負けると予測

Excite News つまり、ジョブズがスマートフォンで勝者になりたいなら、iOSをアンドロイドと同じくオープンソース、あるいはそれに近い方式にして誰でも自由に使えるようにし、SIMカードもフリーにしてユーザーがキャリアを自由に選べるようにすべきなのである。 だが、ジョブズは絶対に自分の主張を曲げないので、今回もその頑固さが災いするかもしれない。言い換えれば、まだジョブズには「プラットフォーム」という概念がないと思われるので、そこが彼の死角であり、限界かもしれない。 ※週刊ポスト2011年1月7日号

カテゴリー: 未分類 | コメントする

忘年会

京都四条で忘年会を行いました。 忘年会の前に、ボーリング大会も企画されていたのですが、修論のチェックしていたら間に合いませんでした。 企画してくれた人たち、すまん。 おやじとしては、もっとぐだぐだしてたかったのですが、大夫、としとっちゃったので帰宅。 来年も良い年にいたしましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第121回 月例発表会

月に一度の研究室内の発表会。 年も暮れているがかまわず開催。回を重ねて121回、すばらしい。 4件予定で1件、キャンセル。3件発表した。学部生1名、大学院生2名。3名で3時間以上費やした。すばらしい。 しかし、大人数での発表会はモチベーションの維持が難しい。 寝ているもの、作業しているもの、どうにかしてほしいものだ。金だけをむさぼるのではなくて、貪欲に知識を吸収し、よき隣人となるように努力をしてもらいたい。 切に願うよ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

パナソニック、再生医療分野に参入

日刊工業新聞 パナソニックはiPS細胞(万能細胞)などを培養し器官を再生する技術の確立を見据え、ロボット技術などを使った自動人工器官製造装置の研究開発に乗り出す。  約20年後と予想されるiPS細胞を使った再生医療の実現に向け、長期的な視野で取り組む。子会社の三洋電機が持つ無菌環境下の細胞培養装置のノウハウを生かすほか、大学と組んで再生医療の技術や課題を取り込み、実現を目指す。 どんなメンバーが集まっているのだろうか。 生命医科学部の再生医療や脳神経系の研究室の学生もターゲットになるような気がするが。 他のパナソニックのデバイスとも関連するとなると医情報学科の学生も関連が出てくる。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

大成建設の医療福祉施設

もちろん建設会社、設計会社も 医療・福祉分野に力を入れている。 大成建設の医療福祉施設 大成建設の取り組み 大成建設は医療福祉におけるキーコンセプトとして「環医療」を提案しています。これは、予防・医療・介護の各機能が連携しつつ生活者のQOL向上を目指す姿を現しています。このトータルケア実現に向け、当社が持つ総合力を結集したお手伝いを通じて、医療福祉機関の皆様が地域において住民の方々から望まれる慶びを共にしていきたいと思います。 事業面でのコンサルテーションから、ファイナンス支援、施設計画、建物の個別課題の解決など、あらゆる局面でサポ−トさせていただくことにより事業推進のご支援をいたします。 医療施設や医療空間は、ユビキタスやセンサーをキーワードにますます興味深く進展していくところだと考えられる。 この分野にもなんとか視野を広げていきたいものだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

野村総研とインターシステムズ、医療分野向けシステムを共同で提供

IT エンタープライズニュース インターシステムズジャパンは「Cache」と野村総合研究所が提供する「Senju Family」を連携させ、医療分野における統合運用管理ソリューションを提供することを明らかにした。 2006年07月10日 19時33分 更新 もちろん野村総合研究所も関連のシステムを開発している。 何か、共同で仕事ができたら楽しいのにな。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Androidスマートフォンを使う医用画像伝送システム,KDDI研が発売

デジタルヘルスオンライン  KDDI研究所は,Androidを搭載したスマートフォンを利用する医用画像伝送システム「SmartMIMAS」を2010年11月19日に発売する。スマートフォンを使って,外出先などから医用画像を閲覧できるシステムである。遠隔地にいる医師が医療現場に適切なアドバイスを与えたり,専門医不足に悩む医療現場で専門医と病院スタッフのコミュニケーションをサポートしたりできる。 これから携帯で扱うsmall medical engineering 商品がたくさんでてくるし、考えなければならないところだろう。 学生にも考えてもらおう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Dell、医療向けクラウドアプリケーションのInSite Oneを買収

IT エンタープライズニュース Dellが、世界最大規模の医療画像データベースを管理してしているクラウドアプリケーションサービス企業のInSite Oneを買収し、医療機関向けソリューションを強化する。 [Brian T. Horowitz,eWEEK] 2010年12月24日 13時52分 更新 最近、DELLがストレージ関連のところにお金を投資しているように見える。 それに関連したサービスを展開しようとしているのか。 医療画像関連は、やることがたくさんでこれからの仕事の宝庫だと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

企画中のイベント

2011年  02/01 Windows コンソーシアム 講習会  06/13 WCSMO 9  12/17 進化計算シンポジウム 2011 2015年  IEEE Conference on Evolutionary Computation (CEC 2015) in Miyagi

カテゴリー: 未分類 | コメントする

インターネット・テクノロジー

テクノロジーと常識について 内田樹の研究室 インターネット・テクノロジーは「こういうものを作り出して、こういうふうに運転すると、こういう結果が出るだろう」という射程の遠い見通しがあって構築されたものというよりは、「いろいろいじっていたら、こんなものができちゃったよ」という「瓢箪から駒」的な要素が濃いような気がする。 内田先生の実際に直面している事項についての考えはいつも鋭い。 #離れていることについてはちょといい加減だなあと思うこともあるけど。 インターネットなんて、軍事用に作られたわけで、たまたま一般に広まっていくわけだけど、なんの役にたつのか誰もさっぱりわからなかった。大学でも、ネットはひかれたけど、ずいぶんどんなことに使われるのかわからなかった。 Amazonだって、ずいぶん長い間、販売で黒字にすることができなくて、インターネットの寵児ともてはやされたけど、ほんとつぶれそうだったよな。 iPadだって何に使うのかわかってんのかね。僕はまだまだわからない。 だからおもしろいし、これからの製品なんだよな。 わけのわからんものを作って、10のうち1つでもヒットする。そんな時代だと思う。 だから、日本が今の時代に合わない気がする。これがその理由の一つだと思う。 シャープのガラパゴスはデジタル書籍を読む装置・家電だ。目的は文字通りシャープだ。だからだめなんだと思う。 大学の教育も目標があるようなことについて教える形態になっていると思う。 それで大丈夫かとも思う。 わけのわからんものを作って許容する。それを生み出す地の塩をつくるためにはどうすればよいのか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする