月別アーカイブ: 2011年2月

日本人が総おたく化している件

気が重い原稿がいくつかあってなかなか筆がすすまない今日この頃。 なぜ、Facebookだけが、キャズムを楽々と超えるのだろうか? という記事を読む。 まずマーケティング用語で上記のブログにもでてきているテクノロジー・ライフサイクルにおけるキャズム理論(Geoffrey Moore,1991)はかならず押さえておかなければならない。 ・イノベータ- (2.5%):技術に惚れて採用するハイテクオタク? ・アーリー・アダプター (13.5%):技術ではなく実利面に惚れて初期採用するビジョナリー ・アーリー・マジョリティ (34%):先行者の成功事例を確認してから採用する実務者? ・レイト・マジョリティ (34%):みんなが使ってから使う慎重な人々? ・ラガード (16%):ハイテク嫌い 広く使われるようになるためには、キャズムを超えてメインストリームへでていかなければならないのだけれど、アーリーアダプターに合わせた製品を作っているとメインストリームに対応できる製品ができないというお話だ。 中島さんは2007年には日本の携帯をガラパゴスで進化したみたいだと説明していた。 日本は世界経済にとってのガラパゴス諸島 一方でfacebookが日本でははやらないらしい。世界では何故はやっているのかということで、実名性であるとかいろんな議論がある。 一方で、いざ使ってみると本当につかいずらい。 設定をどうやるのかとかわからないし、アプリはどんなのを使えばよいのかわからないし、わからないだらけである。 しかしこれは、mixiやらなんやらですでに、日本人がそういうサービスになれているからだと思われる。やったことないけどモバゲーやらgreeやらのゲームもさぞかしすごいんだろう。 となるとハードウエアが極端に進化して、世界標準とは違ったものができているということが盛んに言われていてガラパゴス化であるとか、ガラケーとか称されてきた。これは、ハードウエアが世界とは違った流れの中で進化しているという説明であった。 「なぜ、Facebookだけが、キャズムを楽々と超えるのだろうか?」というブログを読むと、キャズムを超えている国が102カ国もあるということに驚く。こんな不便なサービス&ツールなのに。 となると、全世界的にみると日本で過ごしているとユーザ自体がほとんどがアーリーアダプタになっちゃうのではないかという仮説が思いつく。 日本全国民がアーリーアダプタになっちゃうので、マジョリティを対象としたサービスや製品では満足できなくなるのだ。ようするに、日本人が全員、世界的にみるとおたくになっちゃうのではないかというお話で、おたくからみるとマジョリティ製品では満足できない。 器用な人がおもしろいサービスを作製し、そこそこマーケットがあるので発展して、日本人が使うようになり、知らず知らずのうちに使っていると世界的にはおたくになってそれ以外のださいサービスを受け入れられなくなる。日本ではおたくを対象とした製品しかますます出せなくなるし、コストの製品しか日本人は受け入れられなくなる。 これこそがガラパゴス化ということか。 今まではガラケーのハードウエアが、イグアナなイメージだったんだけど、使っている僕がイグアナだったんだなあという感想です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

バブル崩壊

池田信夫のブログに「財政危機のいつか来た道」というのがあがっていて、1992年頃を振り返っている。 このブログの中身に対する議論はさておき いま財政に起こっている。政府に1000兆円の債務の支払い能力がないことは明らかだが、借り換えを続けられる限り流動性は回る。 というのは正しいであろう。そして最後に 私の印象でいうと、事態は拓銀・山一の前夜に似てきたような気がする。 と締めくくっている。 wikipediaによると 景気については、景気動向指数(CI)をみると、1990年10月をピークに低下傾向となり、1993年12月まで低下した。地価は、1991年秋頃(東京、大阪の大都市圏では90年秋頃から既に始まっている。)に、路線価も1992年初頭をピークに下落していった。 (途中略) 「バブルの崩壊」は、あるとき一瞬にして起きた現象ではない。 (途中略) バブル崩壊は、開始から数年間をかけて徐々に生じた過渡的現象である。 (途中略) 一般的にバブル絶頂期とは、景気が良いと一般大衆に認識され始めた1988年頃から、景気が悪くなってきたと認識され始める前の1992年頃までを指すこともできる。 とある。 すでに1990年から数字的にはバブルがはじけていたというのが驚きである。1992年ごろにははじけていたという実感が世の中にはなかったからである。ただ、はじけるかもしれないという強い予感が世の中に満ちあふれていたのはよく憶えている。 1992年に留学にいったからである。 少なくとも就職活動を行っている学生もとる方も1993年の4月の時点では、バブルがはじけた実感はなかったはずだ。 そのときに、アメリカからいくつかの企業に就活について国際電話をしたのでよく憶えているのだ。 しかし、その半年後は状況が劇的に変わっていた。売り手市場が完全に終わっていたのだ。 国の借金をどのようにしていくのか糞詰まりの状況だ。 痛みは求めないが、ばらまきは求めるから。 1000兆円はかえせねーな、やばいかもしれないという空気は、1992年に本当に似ているように思う。 上記の話しで言えば、1992年はすでにバブルがはじけていたわけで、このときに売り抜けていれば痛い目にはあわず、まだまだ期待すると命がなくなるというのがバブルの時の教訓である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

談春は芝浜を封印するつもりなのかも

談志 最後の落語論 立川談志 梧桐書院 2009-11-17売り上げランキング : 119490 Amazonで詳しく見る by G-Tools 談志 最後の落語論 読了。 大学で何を教えるかとか、京都での大学の意義とかいろいろと考えるところがあり、もやもやしてしまうのだが、談志の弟子の談春は芝浜を封印するつもりなのかもしれない。 邪推しすぎかもしれないけど。 ことの発端は、落語好きの私の親友につれられて、談春の「芝浜」を初めてみたのだが、終わってから彼が 話としては面白いけれど、でもあまり才能がないのに博打をやってしまったり、酒を飲んでしまったりする者は浮かばれないではないか、そういう人たちを描くのが落語ではないか? 腕がよくない者はどうしたらいい?  という質問をしてきて(ことの詳細はこちら)、僕としては人は誰しも何かの取り柄を持っている、もっているはずだという答えをしたと思う。 しかし、この本では、 いいほうの業の肯定を人情噺と称い。。。 曰ク「文七元結」「子別れ」「芝浜」などなど それは違うなあと若き俺様はどこかでそう感じ、そのまま今日まで生きてきた。 とある。 えー 全否定ですか。 それから最後の方に、芝浜をちょっと変えたアレンジでやっている話しがあって 「もう嫌だ、よそう。お前さん、酒飲んじゃおう。ね、飲もう」この女房のセリフは、己に女房が乗り移って言っていたようでもあった。「こんな落語、嫌いだよ」とネ。 とある。 こないだの談春は、財布を拾う情景をはしょって、最後の女房とのやりとりまでいっきに聞かせた。 こんな落語、嫌いだよといったのかもしれない。 そして3月に 談春は子別れをやる。 いいほうの業の肯定する「文七元結」「子別れ」「芝浜」3連ちゃんだ。 落語は人間の業であると談志は言い、談春は談志の弟子である。落語の極みを目指している談春は、もしかしたら「文七元結」「子別れ」「芝浜」を封印するかもしれない。 考え過ぎかもしれないけど。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

日本の書店も10年で3割減ってしまった

渋谷陽一の「社長はつらいよ」から ドラッガーの論をもってくるまでもなく、人数からだいたいの売り上げがわかる産業はこれからきつい。 大学もきつい。 このページから類推すると 10歳から24歳の人口は平成12年に22,486,000人。平成22年には18,472,000人。 だいたい20%は減っている。 2割から3割は関連の市場がしぼむのはしょうがない。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

iPad以外に最低必要なもの(保護シート・iPadの活用その6)

忘れてた。 保護シートが必要。 こんなの。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

iPad以外に最低必要なもの(ラスタペン・iPadの活用その5)

ちょっとついでにメモを書いておく。 iPadをノート代わりに使えれば活用が本当に広がるし、iPadのすばらしさがわかること請け合い。 ただ、大問題がある。 こいつら全部 使い物にならない。 今、必要なのはなんと自作ペン。 僕は東工大の学生くんが作っているペンが最強だと思うのだが、似たやつはこんなの。 iPad /Carbon Copy Pen Movie4 (自作 複写ペン) (4/6) 僕のはこれ。ちょっとかっこわるいけど。 なぜ使えるペンが発売されないんだろう?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

iPad以外に最低必要なもの(クラウドを始める・iPadの活用その4)

ちょっと時間がないのでこちらもメモに。 iPadは家電なのだが、クラウドサービスとの連携をしなければ宝のもちぐされだと思う。 基本 – Gmail – DropBox – Evernote その次の基本 – Google RSS Reader

カテゴリー: 未分類 | コメントする

iPad以外に最低必要なもの(iPadの認証・iPadの活用その3)

ちょっと手間取ったのでメモ。 これは普通の人は難しいところだろう。 iTuneに接続してiPadを操作するだけでなくて、アプリとか使えるようにするためには、認証(悪ティーべーションしないといけない)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

iPad以外に最低必要なもの スキャナー (iPadの活用その2)

電子ファイルがまだまだ普及していないので、どうしても読みたい本や雑誌をiPadで読むためには、自分でpdfを作成する必要がある。 これを自炊 と最近は言うらしい。 定番の商品は – スキャナー — ScanSnap — Canonのドキュメントスキャナー – 裁断機 — プラスの「PK-513L」 – Adobe Acrobat Pro OCRしてサイズを減らすのに必要 参考: – 自炊技術 – 勝間和代 – nanapi – BizID

カテゴリー: 未分類 | コメントする

iPad以外に最低必要なもの(iPadの活用その1)

iPadを買って残念なのは、それだけでは何も本当になにもできないことだ。 1)まず、MacかPCかどちらかが必要。 基本的にiTuneとつなげないといけないので、コンピュータが必要なのだ。コンピュータの代わりに使おうと思って買った人も多いのではないかと思うけど、なんとコンピュータが必要ななんだよね。僕の場合は、古いMacに接続しようとしたらOSが古いとか言われて泣きそうだったがなんとかPCにつなげられて良かった。 2)スキャナー 本を雑誌を読もうと思ってiPadを購入する人も多いのではないかと思うけど、まだまだ読みたい本や雑誌が電子化されていないので、自分でスキャンしてpdf化する必要がある。そのためには、スキャナーが必要。これについてはまた別途。 3)ペン iPadは本当にすぐれたノートになる潜在能力を秘めているのだが、そのためには、ペンが必要。 しかも市販のペンがなかなか使いづらい。 今は手作りが最強なのだが、これについてもまた別途。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントする