月別アーカイブ: 2011年7月

児童に突っ込む車

スーパーに車突っ込み、親子連れ含む4人けが 三重・津 Asahi.com  29日午前10時20分ごろ、津市高茶屋小森町のスーパー「オークワ津高茶屋店」で、駐車場から店内に乗用車が突っ込み、店内にいた女性(34)と長男(6)、次男(4)の親子を含む客4人が巻き込まれて、顔などに軽いけがをした。運転していた女性(62)もけがをしている。三重県警はこの女性から事情を聴いている。 前回

カテゴリー: 未分類 | コメントする

児童に突っ込む車

また 突っ込んだのだそうだ。 海外ではどうなんだろうか? 21日午前9時10分頃、長野県上田市下之郷の県道で、走行中のライトバンが、道路左側の市立東塩田保育園に突っ込み、砂場で遊んでいた園児を次々とはねた後、保育園の建物に衝突して止まった。  この事故で、園児6人が重軽傷を負い、病院に運ばれた。全員意識はあるという。  県警上田署はライトバンを運転していた同県松本市旭、会社員滝沢大容疑者(24)を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。 (2011年7月21日12時12分 読売新聞) 前回のまとめ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

外国人留学生対象奨学金制度の新設のお知らせ

ここにもメモがわりに貼っておこう。 外国人留学生対象奨学金制度の新設のお知らせ  この度、同志社大学への2011年度入学者について、私費外国人留学生対象の奨学金についての詳細が決定いたしましたのでお知らせいたします。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

単位の質の保証

いろんな大学と連携を進めていくと単位の質をきっちりと保証していかなければなりませんよというお話。 確かにその通り。 メモ代わりにまとめてみる。 ダブルデグリー ダブルデグリーとは ある分野で学位を授与された後に、別の分野の勉強をして、一定期間に複数の学位を取得できる履修形態のことで、特にそのために学内に規定があるなど大学として組織的に行われているものをいう。複雑化する社会のニーズに対応するために、急速に広まってきた。 確かにその通りであって、一定のベースの知識の上に違う別の分野の勉強をして、二つの単位を与えることが重要である。 そうなると、どこが共通で、どこが違うのかを明確にしておくことがとても重要になる。 各授業のレベルの把握 Aという大学の情報という授業とBという大学の情報の単位を互換しようとしたときに それらは果たして内容が本当に同じなのか? 取得の容易さは同じ程度なのか? というのが大きく問題になるだろう。 そのために文科省はここでは 単位互換や成績評価の共通化に向けた考え方 授業科目のコード化など学位プログラムの体系化 シラバスにおいて記載すべき事項 等 が大事だよと言っている。 同志社大学のとりくみ 同志社大学の取り組みをまとめてみると シラバスの公開 GPAの導入 15週制の徹底 FDの強化 に取り組んできている。(忘れているのも多々あるかもしれない) 各授業が絶対的なレベルのどこを狙っていてどこを達成しているかは、明確にはされていない。 ヨーロッパのとりくみ ヨーロッパには1999年に取り交わされたボローニャ宣言がある。当初は欧州29カ国の教育大臣が署名し、現在では45カ国以上に拡大している。 そこでは、欧州質保証ネットワーク(ENQA)を作っている。 さらに各基幹で内部評価および外部評価が実施されている。 ASEANのとりくみ ASEANの取り組みもたくさんある。 UMAP(アジア太平洋大学交流機構) UMAP単位互換方式(UCTS: UMAP Credit Transfer Scheme)に基づく単位互換を試行しているようである。 AUN(ASEAN University … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする