月別アーカイブ: 2012年6月

正師を得ざれば学ばざるに如かず

このケーキングスクールに「正師を得ざれば学ばざるに如かず」という道元の教えがかかれている。 なんという、ストイックなケーキングスクールであろうか。 修行にとって最も大事なことは、正しい良き指導者を得る事である。 道元禅師は「学道用心集」に「正師を求むべき事」という一章を起こして、悪い指導者に惑わされると取り返しがつかなくなる 第54話 正師を求めること ということである。 私は悪い師である。私についてきてはいけない。 では、どうやって良い師を見つけるのであろうか。そこが重要なポイントである。生涯のパートナーを見つけること、天職を見つけることも実は同じ作業だったりする。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「がんばる」と「モチベーション」

香里奈があちこちのテレビにでてきて映画「ガール」の宣伝をしている。この映画は、「本気で頑張るGIRLたちに贈る」映画だそうだ。東宝映画 以下の文は「がんばる」だけが関係しているだけで、映画も原作も、がんばっている女性も、がんばっているみんなも、がんばっている俺も敵にしているものではない。 今、みんなみんながんばっている。 うちの子供もやらなきゃいけないことがたくさんあり、学生も大きなプレッシャーの中でよくやっている。 俺もそれなりにがんばっているつもりだ。 「がんばる時代」というブログにすごい人が登場する。 「毎朝5時に起床し、ランニングをした後に出勤し、厳しい営業業務をこなし、夜は税理士の資格を取るべく学校に通い、深夜に帰宅し、そして3人の子供を育てているという。」 このように、確実にアウトプットを出し、周りからも「がんばっているね」と評価される人がいる。 一方で、「がんばっている」と言っているが、何もできない人がいる。 最近はやっているのが、他人が判断すべきものを、自分で判断することだ。 成績は、学生が判定するものではなく、教員が判定するものだ。それがわかっていない学生が多く存在している。 初めて就職活動で、他人に判断されて困っている学生が多くいる。何に困っていることさえ理解できない場合が多い。 就職活動で、自分はうまくいったという。自分で判断するからである。でも、落ちてしまうのであれば、うまくいっていないのではないか? がんばることより、モチベーションを持ち、結果を出すことが重要である。

カテゴリー: 未分類 | コメントする