月別アーカイブ: 2013年8月

記録を行い、適切な負荷を設定しよう。

自身を成長させるためには、負荷をかける必要がある。 ただし、大きすぎてもだめだし、小さすぎてもだめだ。 大学の体育の授業で学んだ、人の自発的な育て方 教師のインストラクションは、こうだった。「もし君らが、8回未満しかその運動ができなかったら、それは負荷が重すぎるのだ。そのときは、1kg軽いウェイトを使え。また、逆に16回以上その運動ができた場合、負荷が軽すぎる。だから1kg重いウェイトを次回はトライすること。重すぎるウェイトで無理を続けてりしてはいけない。それは筋肉にむしろ障害を与える。軽すぎる負荷では、もちろん筋力の向上にはつながらない。」 まずは、どのような負荷がかかっているのかを記述しよう。そして、それらが適切な負荷なのか、適切な負荷でないのかを判断しよう。

カテゴリー: tips | コメントする

成長を目的とするならば、比較は他人とはしない。過去の自分と行う。

「大学の体育の授業で学んだ、人の自発的な育て方」 そして極め付けは、これだった。「諸君は別に他人と比べる必要はない。各人の運動能力はそれぞれ別で、個性があるのだ。だから、過去の自分とだけ比較して、向上を確認すればいい。」 ゴールは設定しよう。 ただし、他人との比較が必要なものは真の成長には無意味である。 金メダルを取るというだけの目標で、なんら制約条件がないのであれば、極端な話、参加者を参加させなくなるような手配をするのもありになってしまう。 まず、自分に向き合い。自分の過去との比較を行う。

カテゴリー: tips | コメントする