月別アーカイブ: 2014年3月

僕は祈る

僕は神を信じるものではない そして僕は祈り続ける

カテゴリー: 未分類 | Comments Off on 僕は祈る

同じ月を見てる

東からあがるうっすらとした満月に近い月 別の場所には明るい星 金星か。 同じ月をみたい。 いつ、どんな、状況にあろうとも心がけだけはしていたい。 今、大きな仕事を遂行中のIさん。 新しいステップに大きな決断をしたSさん。 勇気をみにつけてプライベートも充実しているMさん。 うらやましいやら、励ましたいやら、複雑である。 心が折れそうな今日この頃だが、頭をあげて月を見よう。 同じ月をみよう。 世代を超えて、場所を越えて。

カテゴリー: 未分類 | Comments Off on 同じ月を見てる

【自戒】情報発信力

僕らの業界では、多様な尺度で能力が測られると思うが、情報発信力はその1つであろう。 僕らの業界で生きていくためには、情報発信を積極的に行わなければならない。 最近は情報発信は本当にやりやすくなっていて、ブログやらFBやらtwitterやらその他のSNSやらなんでも使えてその閾は低い。 一方で、それらの情報発信では質が低かったり雑多だったりするという面もある。 ブログやらFBやらTwitterやらを否定するのであれば、積極的な研究発表、論文発表はもちろん必須である。

カテゴリー: 未分類 | Comments Off on 【自戒】情報発信力

【自戒】期待への要件をふりかえる

ある仕事の担当となったとして、たとえ、それが過去に行われている仕事だとしても、そのままコピーしてはいけない。 仕事=期待に応える要件を振り返り、まとめ、過去の資産を参考にしつつ、自分らしさをだしていくことが必要であろう。

カテゴリー: 未分類 | Comments Off on 【自戒】期待への要件をふりかえる

【連絡】廣安の下で博士号をとった修了生諸君

ちょっと確認したいので、本ブログを読んでいて、廣安の下で博士号をとった修了生諸君は連絡もらえませんか。 至急お願いします。 同志社大学で助教をやっていた・やっていて、廣安と深く関連されていた先生方もお願いできますでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | Comments Off on 【連絡】廣安の下で博士号をとった修了生諸君

下敷きにする車

あちこちで車が人を下敷きにする。 追突されたトラック前進、2人下敷き…1人死亡  24日午前8時10分頃、兵庫県芦屋市大原町の市道で、軽トラックが、路肩に止まっていたトラック(1トン)に追突、はずみでトラックが前進し、前にいた男性2人が下敷きになった。  尼崎市大庄北、建設業高瀬隆晴さん(56)が死亡し、神戸市兵庫区の建設会社員(47)とみられる男性が軽傷。  芦屋署は軽トラックを運転していた大阪府摂津市新在家、運送会社員吉岡美智子容疑者(47)を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕し、容疑を同致死傷に切り替え調べている。  発表では、2人は仕事の打ち合わせをしていたという。 (2014年3月24日14時11分 読売新聞) 車にはねられ引きずられた少女、病院で死亡  24日午前2時5分頃、福岡県飯塚市椿の市道で、同県桂川(けいせん)町吉隈の矢次幸恵(さちえ)さん(19)が乗用車にはねられ、頭を強く打つなどして約3時間20分後に搬送先の病院で死亡した。  矢次さんは、はねられた後に引きずられていることから、県警飯塚署は殺人容疑で捜査。矢次さんの知人の20歳代前半の男が車を運転していたとして、殺人容疑で男の逮捕状を請求した。  発表によると、現場は大型量販店の駐車場前で、車は駐車場を出た直後に、矢次さんをはね、さらに引きずって逃走したという。 (2014年3月24日14時02分 読売新聞) はずみで人は死ぬ。 だからといって車の有意性の疑義を主張する人はそう多くない。 前回の記述

カテゴリー: 未分類 | Comments Off on 下敷きにする車

献本御礼

内燃機関 (機械系大学講義シリーズ (23)) 広安 博之 宝諸 幸男 大山 宜茂 コロナ社 1999-07売り上げランキング : 426269 Amazonで詳しく見る by G-Tools 献本御礼。 死してなお発売されており感謝です。 2014年3月10日 改訂版第15刷

カテゴリー: 未分類 | Comments Off on 献本御礼

人工知能学会 全国大会 2014年度

2014年度の人工知能学会は05/12 – 05/15 の予定で松山で開催されます。 大会のページ 今週は原稿を提出するタイミングでした。うちの研究室からは7件の発表を予定しています。そうすると、チェックが本当に負担です。早くから提出していてくれると良いのですが、そうもいかず学生はぎりぎりに重ねて提出してきます。うーむ。仕組みをもう少し考える必要がありますね。それから、気が重いことが多いです。この作業。まずは、英語のチェックが気が重いですね。ずしーんときます。次に、研究の流れがそもそもちょっと深まっていないことを現行のチェックの段階になって初めて気づくと本当に気が重いです。研究の意義や流れを理解してもらってないことに気づくのも気が重いですね。 一方で、このような気づきがあることが、やはり発表しておかなければならない理由ですね。深まっていない研究成果をお見せするのは心苦しいところもありますが研究のマイルストーンとして必須だなと感じます。学生も成長してくれることを本当に願っています。 あと、全国大会でいろんな出会いがありますようによう。準備していただいているみなさん、本当にありがとうございます。 さて、この原稿チェックをしている最中に、小保方さんの研究、博士論文の不備が話題になっています。本人も問題だけれども、指導している人も責任があるのだろうなと思いますが、現実的にそれをおこらないようにするにはどうすればよいのか。悩むところです。

カテゴリー: 未分類 | Comments Off on 人工知能学会 全国大会 2014年度

第6回進化計算学会研究会

第6回進化計算学会研究会が電気通信大学において開催されました。 研究室からは下記の発表を行いました。 対話型遺伝的アルゴリズムを用いた脳活動に基づく推薦システムの課題 田中美里, 廣安知之, 三木光範, 山本詩子(同志社大学)

カテゴリー: 未分類 | Comments Off on 第6回進化計算学会研究会

【自戒】雑用は積極的にとりに行く

仕事の全体を把握できているのであればそれでよいのだが、わからないときには雑用から積極的にとりにいかないといけない。 自身の存在の意義をたかめるためには、相手からの期待値をたかめなければならない。 そのためには、相手の雑用をとりに行くのが手っ取り早い。 例えば会議がある。 下準備には何が必要か、他の人はどう動いているのか俯瞰する必要がある。 それができていない、もしくはしないというのは、期待されずに切られるリスクをともなう。

カテゴリー: 未分類 | Comments Off on 【自戒】雑用は積極的にとりに行く