これから大きな変化があるかもしれない

なぜゲーム機はPowerPCに、パソコンはx86に偏るのか

今は、IBMが得意とするサーバー系CPUとパーソナルコンピュータ向けCPUでは、トレンドにずれが広がりつつある。

AppleがPowerPCを捨ててIntelを選んだ.
理由がモバイルに本当に進出するのであれば,低電力が必要だということが一つあげられるという話を聞いた.
Appleのマシンは実はHPCでも魅力的だ.デザインがよくて,CPUが素晴らしいからだ.
これをPentium M系に突き進んでいくとどうしてもHPCを捨てなければならない.逆に言えば,PowerPCを採用していたからHPCの分野に進まなくてはもったいなかったのかもしれない.これでAppleはニッチなHPCから撤退してもよいのかもしれない.
1998年くらいからPCクラスタが普及してきた.もっと言えば,コモディティなPCクラスタが台頭してきた.これは,サーバー系とデスクトップ系のトレンドを一緒にしないとペイしなかったからだ.
それが,徐々に,別々の道を進んでもペイするようになってきたのであろう.
そうすると,スーパーコンピュータは再び,専用的な部品で構成していく時代になるのであろう.いや,セミ・コモディティとも言うべき,ある程度 市場に出回る部品を専用品としてバージョンアップするような形になるのであろう.
そうなると時期地球シミュレータの構想はどうなのかなあと思ったりして.
という夢をみた.

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

Facebookコメント