高次元目的関数空間における多目的最適化の問題点

石田のISDL レポート
目的関数を複数とりあつかう多目的最適化では 研究では通常2とか3目的で行う.
世の中の問題を取り扱う場合にはもっと多いものを取り扱いたいことがある.
しかしながらこのように多くの目的関数を取り扱うのが実は非常に難しい.
その一つとして,空間があまりに広いため,得られたパレート解が退化してしまうという問題がある.

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

Facebookコメント