~「粒子法」と「GPGPU」はCAEに革命をもたらすのか?~

プロメティックという会社がおもしろいセミナーを開催する.
申し込みのページ
GPUは可能性が非常に高いが いまのところ
 メモリの問題
 プログラムが煩雑
という欠点がある.アルゴリズムを選んでしまうのだな.
粒子法はいまいろんなところで応用がひろがっている手法である.本学の日高先生も非常に意欲的に研究をされている.
GPUでも十分 利用性の高いアプリであろう.

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

Facebookコメント